研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[FMCWおよびCDMA変調の無線周波電磁界へのイン・ビトロばく露後の酸化ストレスパラメータの評価] med./bio.

Evaluation of parameters of oxidative stress after in vitro exposure to FMCW- and CDMA-modulated radiofrequency radiation fields.

掲載誌: Radiat Res 2004; 162 (5): 497-504

この研究は、培養したJ774.16マウスマクロファージ細胞を用いて、無線周波RF電磁放射酸化ストレス誘発するか否か、また酸化ストレス応答に影響を与える否かを調べた。調査した2種類のRF放射は、835.62 MHz(FMCW)の搬送周波数をもつ周波数変調連続波と、847.74 MHzを中心とした符号分割多重アクセス(CDMA)である。酸化ストレス応答に対するRF放射の影響を評価するためには、ばく露前に細胞にガンマインターフェロンIFN)および細菌リポ多糖LPS)による刺激を与え、あらかじめ酸化ストレス誘導した。細胞培養物は、37.0±0.3 ℃で維持しつつ、SAR = 0.8 W / kgのばく露を20-22時間与えた。酸化ストレスは、オキシダントレベル、抗オキシダントレベル、酸化損傷および酸化窒素産生で測定した。チオールの酸化は、グルタチオンジスルフィドGSSG)の蓄積により測定された。細胞の酸化防御は、スーパーオキシドジスムターゼ活性(CuZnSODおよびMnSOD)、ならびにカタラーゼおよびグルタチオンペルオキシダーゼ活性の測定で評価した。トリパンブルー色素排除アッセイを使用して、生存率の変化を測定した。結果として、FMCWおよびCDMA変調RF放射は、J774.16細胞の酸化ストレスを示すどのパラメータにも変化を与えなかった;また、FMCWおよびCDMA変調RF放射は、IFN / LPS刺激した細胞において、細胞内オキシダントレベル、GSSGの蓄積、または抗酸化防御の誘導を変化させなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether radiofrequency irradiation emitted by cellular phones is capable of inducing oxidative stress or affecting the response to oxidative stress in cultured mammalian cells.

詳細情報

To evaluate the effect of radiofrequency exposure on oxidative stress, the cells were stimulated with interferon-gamma and bacterial lipopolysaccharide prior to exposure. In some experiments interferon-gamma-primed cells were supplemented of L-NIO (an inhibitor of nitric oxide synthase), at the time of stimulation with lipopolysaccharide to allow assessment of the effects of nitric oxide.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 835.62 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 20 to 22 h
  • SAR: 800 µW/g mean (± 0.13 µW/g)
ばく露2: 847.74 MHz
ばく露時間: continuous for 20 to 22 h
  • SAR: 800 µW/g mean (± 0.13 µW/g)

ばく露1

主たる特性
周波数 835.62 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 20 to 22 h
Modulation
Modulation type CW
Additional information

Frequency modulated continuous wave

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • radial transmission line
ばく露装置の詳細 Cells were exposed or sham exposed in T-75 flasks containing 40 ml of medium.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 800 µW/g mean 備考を参照のこと。 - ± 0.13 µW/g

ばく露2

主たる特性
周波数 847.74 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 20 to 22 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 800 µW/g mean 備考を参照のこと。 - ± 0.13 µW/g

Reference articles

  • Moros EG et al. (1999): [大量の培養瓶へのマイクロ波照射用広帯域遮蔽ばく露装置としての放射状送電線]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data of these studies indicate that FMCW (frequency-modulated continuous wave)- and CDMA-modulated radiofrequency irradiation did not alter parameters indicative of oxidative stress in J774.16 cells.
FMCW- and CDMA-modulated fields did not alter the level of intracellular oxidants, accumulation of glutathione disulfide or induction of antioxidant defenses in interferon-gamma/lipopolysaccharide-stimulated cells.
Consistent with the lack of an effect on oxidative stress parameters, no change in toxicity was revealed in the cells after either optimal (2 µg/ml of bacterial lipopolysaccharide) (with or without inhibitors of nitric oxide synthase) or suboptimal (0.5 µg/ml of bacetrial lipopolysaccharide) stimulation.

研究の種別:

研究助成

関連論文