研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒトの聴幹反応に対する携帯電話の電磁界急性ばく露の影響] med./bio.

Effects of the acute exposure to the electromagnetic field of mobile phones on human auditory brainstem responses.

掲載誌: Eur Arch Otorhinolaryngol 2005; 262 (10): 839-843

この研究は、ヒトの聴性脳幹反応(ABR)に対する携帯電話電磁界EMF)の短期的な影響をボランティア実験で評価した。18人の健康成人被験者は、右耳に接触して当てた900 MHz帯携帯電話から、最高SAR値0.82 W / kgの信号の15分間のばく露を受けた。このばく露の前と後に、クリック音刺激(60および80 dB nHL)を用いたABR検査を受けた。その結果、波I、III、およびIVの平均潜時ばく露前後での差は、60 dBおよび80 dBのnHL刺激レベルのどちらにおいても有意ではなかった(P > 0.05);同様に、平均の波間間隔I-III、I-V、およびIII-Vのばく露前後での差は、60 dBおよび80 dBのnHL刺激レベルのどちらにおいても有意ではなかった(P > 0.05)、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To explore the in vivo short-term effects of the electromagnetic fields of mobile phones on auditory brainstem responses in human.

詳細情報

18 healthy right-handed adult volunteers participated. Click acoustic stimuli were presented with 60 and 80 dB nHL (=normal hearing level) intensities.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 15 min
  • SAR: 0.82 W/kg maximum

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 15 min
Modulation
Modulation type pulsed
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 The mobile phone was positioned in direct contact to the right ear.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.82 W/kg maximum 校正 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 脳/腫瘍
  • central auditory system
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The exposure to electromagnetic field for 15 minutes did not cause significant difference in the latencies of the auditory brainstem response obtained at both 60 and 80 dB nHL stimulus level.
In conclusion, acute short-term exposure at 900 MHz does not alter auditory nerve electrical conduction.

研究の種別:

研究助成

関連論文