研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[聴覚に対する携帯電話電磁界の影響] med./bio.

Effects of the electromagnetic field of mobile telephones on hearing.

掲載誌: Acta Otolaryngol 2002; 122 (3): 289-293

この研究は、携帯電話の使用による聴力への影響の有無を、誘発による耳音響放射OAE)検査法を用いてボランティア実験で調べた。非常に小さな蝸牛の障害がある場合、それは誘発OAEの変化によって検出される可能性があるからである。正常聴力の30人の被験者に10分間の携帯電話電磁界へのばく露を行い、その前と後に、誘発OAEを測定した。その結果、誘発OAEの測定可能な変化は検出されなかった;被験者は一人も、聴力レベルの低下を報告しなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the acute after-effects to the electromagnetic fields emitted by mobile phones on human hearing as determined by alterations in evoked otoacoustic emissions.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 10 min
-

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 10 min
Modulation
Modulation type pulsed
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 Subjects held the activated mobile phone to their right ear.
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
  • ear
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No measurable change in evoked otoacoustic emissions was revealed and none of the subjects reported a deterioration in hearing level. It was concluded that a 10-min exposure to the electromagnetic field emitted from a mobile phone had no effect on hearing, at least at outer ear, middle ear and cochlear levels.

研究の種別:

研究助成

関連論文