研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話使用は末梢聴覚前庭機能に影響する:症例対照研究] med./bio.

Mobile telephone use effects on peripheral audiovestibular function: a case-control study.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2008; 29 (2): 108-117

【背景】低レベルRF信号は空間感覚喪失、頭痛吐き気をもたらす可能性がある。【方法】二重盲検試験で、長期間携帯電話を使用した後に種々の症状を訴えた9名の症例と21名の対照について検査した。全被験者に、ヘッドセットで固定できる携帯電話受話器を模擬したばく露システムを耳に当て、それぞれ30分間の(1)パルス波モード、(2)連続RF波放射、(3)放射なし、のばく露を行った。真のばく露であるパルスモードと連続モードでは、受話器出力は同じ平均電力とし、搬送周波数882MHz、SARピーク値を1.3Wkg-1とした。実験I(聴覚系)では、誘発耳音響放射TEOAE)により内耳の外有毛細胞を評価した。実験II(前庭器官)では、ビデオ眼振計(VOG)により前庭眼球反射を記録した。両方とも、ベースラインデータおよびばく露直後のデータを記録した。【結果】TEOAEでは、どのばく露においても、ばく露後データとべースラインデータとの差異は大きくなく、またその差異に、症例と対照による違いはなかった。VOGは、症例でも対照でも、前庭系の終末器官に対するばく露の影響を同定しなかった。【結論】携帯電話のRFへの30分ばく露は、TEOAEおよびVORで測定されるような前庭-眼球機能への影響を示さなかった。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether low-level radiofrequency stimulation from mobile phones has an effect on peripheral auditory and/or vestibular function, and to study whether some individuals who report symptoms after mobile phone use have a demonstrably greater change in peripheral auditory and/or vestibular function, than individuals who do not report such symptoms.

詳細情報

Nine case-subjects, who complained of various symptoms after prolonged mobile telephone use and 21 control subjects participated.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 882 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 30 min
  • SAR: 1.3 W/kg maximum (10 g)
  • 電力: 2 W peak
ばく露2: 882 MHz
Modulation type: CW

ばく露1

主たる特性
周波数 882 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 30 min
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 handset mounted on an adjustable plastic headband placed so that the antenna is touching or within a few mm of the head
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1.3 W/kg maximum 測定値 10 g -
電力 2 W peak - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 882 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 250 mW mean - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
  • ear
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

There were no significant transient evoked otoacoustic emissions (TEOAE) changes from baseline to post-exposure recording for any of the exposures and no significant differences in the TEOAEs change from baseline to post exposure between cases and controls.
The data of vestibulo-ocular reflex did not show any effect of the exposure on the vestibular end organ in either cases or controls.
In conclusion, 30 min exposure to mobile phone radiofrequency did not show any immediate effects on vestibulo-cochlear function.

研究の種別:

研究助成

関連論文