研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[一過性誘発耳音響放射の時間周波数微細構造に対する携帯電話ばく露の影響] med./bio.

Effects of mobile phone exposure on time frequency fine structure of transiently evoked otoacoustic emissions.

掲載誌: J Acoust Soc Am 2007; 122 (4): 2174-2182

携帯電話は、短期間のうちに全世界的に普通に使用されるようになった。これまで、携帯電話から放射される電磁界(EMFs)と聴覚機能の間の相互影響に関しては、ごく限られた知識しかなかった。さらに、潜在的な害があるかもしれないという不安が拡大している。この研究の目的は、内耳にある蝸牛の機能における潜在的な微妙な変化を評価することであった。これは、GSM携帯電話から放射された電磁界ばく露の後の聴覚正常被験者における一過性誘発耳音響放射(TEOAE)の経時的構造およびスペクトル微細構造を計測することによって行われた。二重盲検法で、実際のばく露および擬似ばく露の10分前と10分後に、27人の健康若者についてTEOAEが記録された。TEOAEのデータは、全体的方法(広域帯解析)とウェーブレット変換(時間周波数微細構造の解析)を用いた方法の両方で分析された。広域帯解析は、以前の研究結果を裏付けるように、ばく露に関連したTEOAEへの著しい影響はないことを明らかにした;加えて、基本ウェーブレットコンポーネントの解析において、著しい変化は発見されず、TEOAEの経時的構造およびスペクトル微細構造は、GSM携帯電話によって放射された低強度EMFの10分間ばく露によって影響を受けないことが示唆された。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To assess potential subtle changes in cochlear function by measuring transient evoked otoacoustic emissions (TEOAEs) in normal hearing subjects after exposure to electromagnetic fields emitted by GSM mobile phones.

詳細情報

TEOAEs were recorded in 27 healthy young adults before and after 10 min of real exposure or sham exposure.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 10 min
ばく露2: 1,800 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 10 min

General information

Half of the participants were exposed at 900 MHz and 1800 MHz, respectively.

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 10 min
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

GSM

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • GSM, at full power, software-controlled
ばく露装置の詳細 The phone was positioned in accordance with CENELEC standard EN 50361 by a system consisting of three main parts, all made of non-metallic plastic materials: a headband, an adjustable arm and a phone holder attached to a bracket glued to the battery pack of the phone.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information The procedure was performed twice in a double-blind design on separate days (at least 24 h apart). A 50 Ω resistive load and an open-circuit dummy load were connected to the remote antenna connector of the phone for sham and real exposure, respectively. The effectiveness of the load was confirmed by near field surface scanning of the phone.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 2 W - 測定値 - -
SAR 0.41 W/kg maximum 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 10 min
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

GSM

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 1 W - 測定値 - -
SAR 0.19 W/kg maximum 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
  • ear
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data show that there is no measurable effect on transient evoked otoacoustic emissions (TEOAEs) immediately after a 10 min exposure at the maximum power of a GSM mobile phone, neither when TEOAEs were analyzed across the entire frequency range nor when analyzed in their time-frequency fine structure.

研究の種別:

研究助成

関連論文