研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[アルカリコメット解析によってイン・ビトロで判定した、超低周波(ELF)磁界及びベンゼンまたはベンゼン代謝物への共ばく露の影響] med./bio.

Effects of co-exposure to extremely low frequency (ELF) magnetic fields and benzene or benzene metabolites determined in vitro by the alkaline comet assay.

掲載誌: Toxicol Lett 2005; 157 (2): 119-128

この研究では、50Hz(電力周波数磁界MF)の遺伝子毒性かつ/または共遺伝子毒性活動の可能性をイン・ビトロで、アルカリ単一細胞ミクロゲル電気泳動(コメット)試験法を使って調べた。50Hz MFと、白血病誘発物質として知られるベンゼンの相互作用の可能性を評価するために、実験セットが組まれた。3つのベンゼンヒドロキシル化代謝産物も評価された:1, 2-ベンゼンジオール(1, 2-BD, カテコール), 1, 4-ベンゼンジオール(1, 4-BD, ハイドロキノン), 1, 2, 4-ベンゼントリオール(1, 2, 4-BT)がそれである。MF(1mT)が、ヘルムホルツ構造の一対の平行コイルから成るシステムから生み出された。50Hz MF遺伝子毒性潜在力を評価するため、ジャーカット細胞培養株が1時間、1mTのMFにばく露されるか、偽ばく露された。MFの共遺伝子毒性活動を評価するため、生体異物ベンゼンカテコール、ハイドロキノン、1, 2, 4-ベンゼントリオール)がジャーカット細胞二次培養株に、ばく露開始時に加えられた。1mT(50Hz)MFベンゼンカテコール共ばく露された細胞培養株は遺伝子毒性を何も見せなかった。しかしながら、1mT MF と1, 2, 4-ベンゼントリオールに共ばく露した細胞培養株では、ベンゼン最終代謝物の遺伝子毒性に目立った増加を来たした。50Hz (電力周波数) MFが生体異物遺伝子毒性活動に干渉するかもしれないという可能性は重要な暗示を含む。なぜなら、人間住民は、このような物理的作用因に同時に曝されながら、様々の遺伝子毒性物質に曝されがちだからである。

研究目的(著者による)

可能性のある50Hz磁界遺伝毒性及び/または共遺伝毒性を、コメット解析を用いてイン・ビトロで調べること。

詳細情報

可能性のある50Hz磁界と既知の白血病誘発物質であるベンゼンとの相互作用を評価するため、一連の実験を実施した。ベンゼンのヒドロキシル化代謝産物3つ:1,2-ベンゼンジオール(カテコール)、1,4-ベンゼンジオール(ヒドロキノン)、1,2,4-ベンゼントリオールも評価した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 1 h

General information

Experiment comprised of following groups: Jürkat cells 1) exposed to MF, 2) sham exposed, 3) neither exposed nor sham exposed, 4) exposed to MF and xenobiotics, 5) sham exposed and exposed to xenobiotics, 6) not exposed to MF but exposed to xenobiotics.

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 1 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • a pair of parallel coils arranged in a Helmholtz configuration
チャンバの詳細 CO2 incubator, with the Helmholtz coil system placed in it, maintained at 37°C
ばく露装置の詳細 the magnetic field was oriented in the plane of the cell culture plates
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1 mT peak 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究の主なアウトカム(著者による)

1mT磁界ベンゼン及びカテコール共ばく露した細胞は、遺伝毒性活性を示さなかった。但し、1mT磁界ヒドロキノンへの共ばく露は、明白な遺伝毒性作用の発生につながった。更に、1mT磁界と1,2,4-ベンゼントリオールへの共ばく露は、ベンゼンの最終的な代謝産物遺伝毒性の顕著な増加につながった。

50Hz(電力周波数磁界生体異物遺伝毒性活性に干渉するかも知れないという可能性は重要な意味合いを有する。というのは、ヒトはこの種の物理的因子へのばく露と同時に、様々な遺伝毒性因子にばく露される可能性が高いためである。

研究の種別:

研究助成

関連論文