研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[アルカリコメットアッセイによりイン・ビトロ測定された超低周波数(50Hz)磁界と生体異物の共ばく露の影響] med./bio.

Effects of co-exposure to extremely low frequency (50 Hz) magnetic fields and xenobiotics determined in vitro by the alkaline comet assay.

掲載誌: Sci Total Environ 2006; 361 (1-3): 208-219

研究目的(著者による)

可能性のある3mTの超低周波磁界遺伝毒性及び/または共遺伝毒性活性を、4人の提供者から得たヒト末梢血白血球においてイン・ビトロで調査すること。

詳細情報

2つのモデル突然変異原を用いて、超低周波磁界生体異物:N-メチル-N-ニトロ-N-ニトロソグアニジン(MNNG;0.05µg/ml)及び4-ニトロキノリン-N-オキシド(4NQO;0.8µg/ml)との可能性のある相互作用を調べた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 30, 60 or 120 min

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 30, 60 or 120 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 Culture tubes (16 mm in diameter, 100 mm in length) were placed in the coils in such a way that the cells were situated within the region of maximum homogeneous MF. Sham exposure took place under the same setup with the coils switched off. Control cultures were set-up simultaneously and run at the same time in separate incubators.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 3 mT effective value 測定値 - -

Reference articles

  • Rosenthal M et al. (1989): [化学的な突然変異原での前処置または未処置のヒト末梢リンパ球の増殖と染色体変化に対する50 Hz電磁界の影響]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

超低周波磁界はMNNG及び4NQOの遺伝毒性活性に異なる様式で影響を及ぼした。MNNGの遺伝毒性ばく露によって有意に強められたが、4NQOの場合は超低周波磁界の存在下で遺伝毒性の低下が認められた。

更に、ばく露した細胞ではグルタチオン濃度の上昇が認められた。グルタチオン結合(2つのグルタチオンからグルタチオンジスルフィドへの酸化)の後、MNNG及び4NQOの遺伝毒性のパターンは全く異なることが知られているので、磁界の存在下で認められたMNNG及び4NQOの遺伝毒性活性における異なる傾向を説明するため、グルタチオン合成に関与する酵素の活性に対する超低周波磁界の影響力(異なる突然変異原の活性化/不活化につながる)が仮定された。

研究の種別:

研究助成

関連論文