研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒト乳がん細胞MCF7のタンパク質発現プロファイルに対するELF磁界の影響] med./bio.

Effects of ELF magnetic fields on protein expression profile of human breast cancer cell MCF7.

掲載誌: Sci China C Life Sci 2005; 48 (5): 506-514

研究目的(著者による)

超低周波磁界に応答するタンパク質を判定するため、ヒト乳がん細胞株MCF7における超低周波磁界(50Hz)によるタンパク質発現プロファイルの変化を、プロテオミクス・アプローチを用いて調べた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 24 hours

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 24 hours
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 The exposure system consisted of three groups of Helmholtz coils, two power regulators and a set of CO2 incubators. The magnetic fields were generated from line current . Cell culture dishes were placed coaxially with the centerline in the central area of the coils. Sham exposed cells as control were placed in an identical incubator without magnetic fields.
Additional information The AC background field was 1-2 µT and the static magnetic field was 18.5 µT, with a 14.1 µT horizontal and a 12.0 µT vertical component.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.4 mT - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

ばく露群と比較して、6個のタンパク質スポットが統計的に有意に(発現レベルが少なくとも5倍、上方または下方に)変化した。19個のタンパク質スポットばく露群のみで検出されたのに対し、19個は欠落していた。
異なる6個のタンパク質スポットのうち3個のタンパク質は「RNA結合タンパク質調節サブユニット」、「プロテアソームサブユニットベータ7型前駆体」、「翻訳制御腫瘍タンパク質」(TCTP)であると同定された。

データは、50Hz超低周波磁界がMCF7細胞のタンパク質プロファイルを変化させ、正常な細胞の多くの生理学的機能に影響を及ぼすかも知れないことを示した。質量分析法と組合せた二次元ゲル電気泳動法は、電磁界細胞への影響を明らかにするのに有望なアプローチである。

研究の種別:

研究助成

関連論文