研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[細胞骨格及びクロマチンに対する低周波磁界の影響] med./bio.

Low-frequency magnetic field effect on cytoskeleton and chromatin.

掲載誌: Bioelectrochemistry 2007; 70 (1): 96-100

この研究は、ヒト細胞の細胞骨格およびクロマチン構造に対する低周波磁界の影響を調べた。小細胞性肺がん細胞株A549を用い、96時間の磁界ばく露後に、細胞の細胞骨格と高次クロマチン構造への影響を評価した。円筒形コイルで発生させた一様な磁界(50 Hz、2 mT)中で、細胞は5 %CO2を含む加湿された空気中において37℃で培養された。ばく露細胞および対照細胞のFアクチンおよびミトコンドリアを分析した。前者の測定にはFITC結合ファロイジンを、後者にはMitoTracker(分子プローブ)を用いた。細胞骨格遺伝子座の画像は共焦点顕微鏡を使用して取得し、画像解析にはFISH 2.0ソフトウェアを用いた。その結果、ばく露細胞において、F-アクチンフィラメントミトコンドリアのわずかな形態学的変化が観察されたほか、核凝縮が見られた;これらの影響は、おそらく磁界によって誘発されたアポトーシスのプロセスに関連している可能性があった;セントロメアヘテロクロマチン(9cen)には有意な変化は示されなかった;したがって、磁界は高次クロマチン構造に影響を及ぼさないが、細胞骨格のレベルに特定の変化が観察される可能性があることが示唆された、と報告している。

研究目的(著者による)

本研究は、イン・ビトロでのヒト肺がん細胞の細胞骨格及びクロマチン構造に対する低周波磁界の影響を調べるために実施した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 96 h

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 96 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 The Petri dishes (30 mm in diameter) were placed in the coil on a non-conducting stand where the field uniformity deviated about 3%. The control samples were kept under the same conditions without magnetic field.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 2 mT mean 指定なし - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

磁界ばく露細胞では、F-アクチンフィラメント配置及びミトコンドリア分布の僅かな形態変化、ならびに核クロマチン凝縮が認められた。これらの変化は磁界ばく露によって生じたアポトーシスと関連していた。
セントロメアの周囲でのクロマチン配置に統計的に有意な変化は認められなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文