研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[915MHzマイクロ波及び50Hz磁界は過敏症及び健康なヒトからのヒトリンパ球における染色質構造及び53BP1フォーカスに影響する] med./bio.

915 MHz microwaves and 50 Hz magnetic field affect chromatin conformation and 53BP1 foci in human lymphocytes from hypersensitive and healthy persons.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2005; 26 (3): 173-184

本研究は、GSMのマイクロ波(915MHz;SAR値37mW/kg)または電力周波磁界(50Hz, ピーク値15mT)にばく露したリンパ球(健常者および電磁過敏症者からそれぞれ採取したもの)の反応を観察した。健常者群および電磁過敏症者群の性別、年齢はマッチさせ、処置条件に対しブラインドで試料を分析した。染色質構造の変化はAVTDで計測、53BP1タンパク(DNA二重鎖切断の指標)は免疫染色により分析した。その結果、室温での915 MHzばく露群および50 Hzばく露群では、染色質の顕著な凝縮が生じ、これは41.8度の熱ショックと類似していた;電磁過敏症者と健常者の試料に、反応の有意差は見られなかった;915 MHzばく露群、50 Hzばく露群のどちらでも、53BP1 fociの誘導はなかった。反対に両群では、53BP1シグナリングの背景レベル低下が見られ、これは熱ショック処置の場合と類似していた;アポトーシスも測定したが、両群ともアポトーシス誘導しなかった、と報告している。

研究目的(著者による)

健康な提供者及び電磁界への過敏症を有する被験者からのリンパ球に対する、弱い電磁界の影響を比較すること(1)、ならびに、電磁界ばく露したリンパ球におけるDNA損傷及びアポトーシスを調べること(2)。

詳細情報

ストレス応答についての陽性対照には熱ショック(温水中で41℃、2時間)を用いた。53BP1(腫瘍抑制因子p53結合タンパク質1;DNA損傷に応答してフォーカスを形成する)のフォーカス形成及びアポトーシスについての陽性対照として、137Csガンマ線3 Gyを細胞照射した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 2 h
ばく露2: 915 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 2 h
  • SAR: 37 mW/kg unspecified (unspecified)

General information

Samples from hypersensitive subjects and matched control subjects were simultaneously exposed.

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 2 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 Exposures were performed in 14 ml round bottom tubes at 22-23 °C with 2.5 ml of cell suspension per tube. The 50 Hz exposure unit has been previously described in the reference article. Briefly, it is based on three pairs of Helmholtz circular coils, which produce relatively homogenous (5% variation) magnetic field inside the working volume.
Additional information Control cells and sham exposed cells were kept under the same conditions as the exposed cells. As positive control for stress response, cells were kept in a water bath at 41°C for 2 h. As positive control for 53BP1 foci formation and apoptosis, the cells were irradiated with 3 Gy 137Cs γ rays at a dose rate of 10.6 Gy/min.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 15 µT peak 測定値 - vertical magnetic field
磁束密度 43.5 µT - 測定値 - vertical static magnetic field

ばく露2

主たる特性
周波数 915 MHz
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for 2 h
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

Discontinuous transmission mode (DTX) was turned off.

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 The output of the mobile phone was connected by coaxial cable to a transverse electromagnetic transmission line cell (TEM cell) that has previously been described in the reference article. In principle, this is a spliced coaxial cable with a central electrode and an outer shield electrode with the unique characteristic of having both linear amplitude and phase response versus frequency.
Additional information The conditions for control and both positive controls were the same as described in E1.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 37 mW/kg unspecified 測定値および計算値 unspecified -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

弱い50Hz磁界及び非熱的携帯電話マイクロ波は、熱ショックと類似しているが同一ではないストレス様の応答をリンパ球に生じた。これらの影響には、染色質構造の変化及び53BP1フォーカスの減少が含まれた。過敏症及び健康被験者からのリンパ球で、応答に有意差は認められなかった。50Hz及び915MHzへのばく露によるアポトーシスは生じなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文