研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒトリンパ球のDNAに対するパルス電界の影響] med./bio.

Effects of pulsed electric fields on DNA of human lymphocytes.

掲載誌: Cell Biol Toxicol 2006; 22 (6): 409-415

研究目的(著者による)

40人の男性のヒトリンパ球のDNAに対するパルス低周波電界(50Hz)の影響を調べること。

詳細情報

過酸化水素(0、50、100または150µmol/l)やガンマ線(0、0.8、2.5、または4.2Gy)等の追加的な外的要因の影響力(相乗作用)も判定した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 10–50 Hz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 120 min

ばく露1

主たる特性
周波数 10–50 Hz
タイプ
  • electric field
波形
  • pulsed
ばく露時間 continuous for 120 min
Modulation
Modulation type pulsed
Packets per second 10
Repetition frequency 50 Hz
Additional information

"decreasing sinusoidally bipolar pulses of a positive half period, with pulse frequency of 50 Hz and carrier frequency 10 Hz [Panagopoulos et al., 2000]"

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • high voltage pulse generator
チャンバの詳細 Thawed lymphocytes suspended in ice cold PBS were exposed in microcentrifuge tubes at 5 ± 0.5°C.
ばく露装置の詳細 Using network electricity, short-duration pulses were transformed into high voltage.
Additional information Lymphocytes were also exposed to 0, 50, 100, or 150 µmol/l H2O2 or to 0, 0.8, 2.5, or 4.2 Gy γ radiation from a 60Co source at a dose rate of 3.99 Gy/min after being treated or not with the pulsed electric field.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 400 kV/m unspecified 指定なし - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

対照と比較して、電界ばく露後にDNA損傷有意な増加が認められた。37℃で2時間のインキュベート後、損傷の比率は修復された。

過酸化水素及びガンマ線は、用いた量に応じて、パルス電界ばく露したリンパ球のDNA損傷を増加させた一方、DNA修復の量は損傷に比例していた。

研究の種別:

研究助成

関連論文