研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[携帯電話基地局周辺の住民における神経行動的な影響] med./bio.

Neurobehavioral effects among inhabitants around mobile phone base stations.

掲載誌: Neurotoxicology 2007; 28 (2): 434-440

携帯電話基地局アンテナから放出されるラジオ周波数電磁放射(RFR)にばく露されることにより、ヒトの神経系に悪影響を与える可能性が一般的に懸念されている。本研究の目的は、携帯電話基地局周辺の住民の神経行動的な影響を調べることである。最初のメヌフィヤ地方、エジプト、の携帯電話基地局周辺に居住している85人に対し、神経行動的な影響があるかの研究を行った。37人は基地局アンテナ下の建物に住んでおり、48人は逆の方向に住んでいた。80人の対照群は年齢、性別、職業、教育レベルにおいてマイチングを取った。参加者全員について、教育、病歴、一般および神経学的検査、問題の解析、注意力、記憶力などのNBTB、EPQに関するアンケート調査を受けた。結果は、神経精神的な痛みを訴えた人がいた。頭痛(23.5%)、記憶の変化(28.2%)、めまい(18.8%)、ふるえ(9.4%)、うつ病(21.7%)、睡眠障害(23.5%)などが、対照群よりばく露された住民の方が優位に高かった(10%), (5%), (5%), (0%), (8.8%)と (10%), 各P < 0.05)。 NBTBは、ばく露された被験者対照群と比べて、注意短期記憶において非常に低い結果を示した。基地局の反対側住民は、アンテナの下の住民よりも、問題解決の問題における傷害は少なかった。また視覚運動の二つの試験においても対照群よりも良好な結果を示した。この携帯電話基地局アンテナから放出されるRFRで、最後に測定した値は標準の許容範囲レベル以下であった。[結論と提言] 携帯電話基地局周辺に居住している人は神経精神学的問題を生じる可能性があり、中には促進または阻止的な神経行動機能に変化をもたらす人もいた。MBTBの標準評価とを用いて携帯電話基地局アンテナから放出されるRFRにばく露される市民の基準を新たに更新する必要がある。また基地局周辺の住民に対し生物学的影響を早期に行うこと提言する。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the possible neurobehavioral deficits among inhabitants living nearby mobile phone base stations.

詳細情報

85 inhabitants living nearby the mobile phone base station antenna (in Menoufiya governorate, Egypt) were investigated: 37 were living in a building under the antenna while 48 opposite the base station. A control group of 80 participants were matched with the exposure group for age, sex, occupation and educational level. None of the participants was informed about the purpose of the study (before the study).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
ばく露時間: repeated daily exposure for 8 or 15 h/day

ばく露1

主たる特性
周波数
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 repeated daily exposure for 8 or 15 h/day
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 基地トランシーバ局
  • with three antennas
Additional information The average exposure time was 8 h for employees and 15 h for inhabitants of the buildings. The statements concerning the locations of these groups (in the buildings underneath or opposite the antennas) are contradictory.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.0067 mW/cm² maximum 測定値 - -
電力密度 0.002 mW/cm² minimum 測定値 - -
電力密度 0.0001 mW/cm² cf. remarks 測定値 - apartment below antenna 1

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The prevalence of neuropsychiatric complaints (headache, memory changes, dizziness, tremors, depressive symptoms, and sleep disturbance) was significantly higher among exposed inhabitants than controls. The neurobehavioral tests indicated that the exposed participants exhibited a significantly lower performance than controls in one of the tests of attention and auditory short-term memory.
The inhabitants opposite the base station exhibited a lower performance in the problem solving test than those under the base station.
All exposed inhabitants exhibited a better performance in the two tests of visuomotor speed and one test of attention than controls.

研究の種別:

研究助成

関連論文