研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[磁界ばく露と小児白血病の予後因子] epidem.

Magnetic field exposure and prognostic factors in childhood leukemia.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2007; 28 (1): 69-71

1996年から2001年で急性のリンパ性白血病ALL)と診断された482名の小児中、予後リスク因子と磁界ばく露MF)との関係を調べた。24時間の磁界ばく露は412名の小児で求め、そのうち386名の小児からのデータを解析に使用した。MFへのばく露の増加と悪性の臨床的に、また腫瘍特異的な予後因子の存在には何ら傾向が見られなかった。磁界へのばく露は、白血病ブラスト細胞での細胞毒性的な奇形と結びついていないこと、また治療時では生存率が小さいが予測されるが、このときの臨床的な因子との関連もないことが示唆される。

研究の目的(著者による)

磁界ばく露小児白血病の予後因子との関連を、米国におけるコホート研究で調査した(publication 13388 も参照)。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
集団 1 磁界ばく露:< 0.1 µT
集団 2 磁界ばく露:0.1 - 0.19 µT
集団 3 磁界ばく露: 0.2 - 0.29 µT
集団 4 磁界ばく露:≥ 0.3 µT

調査対象集団

調査規模

タイプ
適格者 482
参加者 386
統計学的分析方法:

結論(著者による)

磁界へのばく露の増加と、予後不良を予測する診断時の因子の存在との間に傾向は認められなかった。この結果は、磁界へのばく露白血病細胞の細胞遺伝学異常、または低い生存率を予測する診断時の臨床的因子と関連していないことを示唆している。

研究助成

関連論文