研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[妊娠中に地域基礎食を与えられた母獣の仔のWistarラットの反射成熟に対する60Hz、3microTの電磁界の影響力] med./bio.

Influence of a 60 Hz, 3 microT, electromagnetic field on the reflex maturation of Wistar rats offspring from mothers fed a regional basic diet during pregnancy.

掲載誌: Nutr Neurosci 2006; 9 (5-6): 201-206

この研究は、60 Hz、3 μTの磁界ばく露を1日2時間、21日間連続受けた妊娠ラットから生まれた子孫の反射成熟への影響を調べた。別の問題として、ブラジルでは地域基本食(regional basic diet (RBD))の呼ばれるトウモロコシを主とした食事による栄養欠乏が公衆衛生上の問題であるので、著者はRBDも実験に取り入れた。A群はカゼイン食(対照の食事)、B群はカゼイン食+EMFばく露、C群はRBD、D群はRBD+EMFばく露の4群で、全妊娠期間、所定の食事とEMFばく露が与えられた。子孫の反射の評価は、毎日12:00から14:00の間に実施され、掌握(PG)、立ち直り反射RR)、崖落下回避(CA)、ひげ直し(VP)、背地走性(NG)、聴性驚愕(AS)および自由落下からの立ち直り(FFR)の反射が観察された。その結果、EMFと栄養欠乏食との関連は、グループAと比較して、すべての反射に発達の遅れを生じさせた;EMFばく露された2群で食事の違いの影響を見ると、D群でRR、VP、NG、CAで遅延が生じた; EMFの影響は、A群に比べ、B群では、CA、AS、FFR、PGが異なり、D群では、C群に比べPGが異なった、と報告している。

研究目的(著者による)

妊娠ラット電磁界(60Hz、3µT)及び/またはいわゆる地域基礎食利用へのばく露がその仔の反射成熟にどのように影響力を及ぼすかを調べること。

詳細情報

母親のタンパク質‐カロリー欠乏は発展途上国における重要な公衆衛生問題である。ブラジル北西部では、サトウキビ栽培地域の住民が消費する食事は「地域基礎食」(タンパク質カロリー脂肪ビタミン、ミネラルが欠乏している)として知られている。

妊娠したラットの4群を形成した:グループA(ガゼイン飼料(対照食)、ばく露なし)、グループB(ガゼイン飼料、電磁界ばく露)、グループC(地域基礎食、ばく露なし)、グループD(地域基礎食、電磁い界ばく露)。出生後2日目から反射を毎日調査した。

雄の新生ラット(n=66)のみを調査した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: repeated daily exposure, 2 h/days for 21 consecutive days

General information

The rats were divided into four groups: Group A composed of rats that consumed casein without being exposed to EMF; Group B composed of rats that consumed casein and were exposed to EMF; Group C composed of rats that consumed regional basic diet (RBD) and were not exposed to EMF; Group D composed of rats that consumed RBD and were exposed to EMF.

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 repeated daily exposure, 2 h/days for 21 consecutive days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 220/110 V 500 W transformer with opened secondary
ばく露装置の詳細 Two rats were placed in a cage (60 cm long x 50 cm wide and 22 cm high) which was placed on a polystyrene support (35 cm wide x 50 cm long x 35 cm high). A transformer was placed below the supports for exposure. The EMF inside the cage was uniform irrespective of its position.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information The rats in the exposure groups were exposed when pregnancy was detected and removed when they gave birth.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 3 µT unspecified 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

7つの反射のうち6つが減食によって遅延した。電磁界ばく露は、ガゼイン給餌群に3つの反射(手掌把握、断崖回避、自由落下立ち直り)の遅延、地域基礎食給餌群で手掌把握の遅延を生じた。

研究の種別:

研究助成

関連論文