研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[聴力に対する携帯電話電磁界の潜在的影響の評価] med./bio.

Assessment of potential effects of the electromagnetic fields of mobile phones on hearing.

掲載誌: BMC Public Health 2005; 5 (1): 39

この研究は、周波数900および1800 MHzの低強度の携帯電話放射電磁界EMF)へのばく露によるヒトの聴覚機能への影響可能性を、ボランティア実験で調べた。被験者は正常な聴覚を持つ30人のボランティア(18〜30歳)で、全員が真の携帯電話EMFばく露セッション擬似ばく露セッション(いずれも10 分間)の2つに参加した。純音聴力検査(PTA)における聴覚閾値レベル(HTL)、および誘発耳音響放射TEOAE)の測定を、各セッションの前後に行った。実験プロトコルは二重ブラインド化され、セッションの順番はカウンターバランスされた。その結果:どちらのセッションにおいても、その前と後で測定されたPTAの平均HTLおよびTEOAEの平均シフトには有意差は見られなかった;どちらのセッションにおいてもその前と後におけるTEOAEの平均レベル(周波数範囲全体での平均)の間に2.5 dB未満の差があった;このような変化の個人別での最大値は10 dBで、ばく露センションの前に比べ後の方でレベルが低下した;以上の知見から、携帯電話EMFばく露を10分間、耳の近くで受けても、若い被験者のPTAのHTLおよびTEOAEの測定値に即時の影響はなく、測定可能な聴力低下は検出されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To assess potential changes in hearing function as a consequence of exposure to low-intensity electromagnetic fields produced by mobile phones.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 10 min
ばく露2: 1,800 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 10 min

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 10 min
Modulation
Modulation type pulsed
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • at full power
チャンバの詳細 Sound-treated booth of 2.5 m x 2 m
ばく露装置の詳細 The mobile phone was fixed to the tested ear using a special headband and positioning system (all parts made from non-metallic plastic materials), so that the centre of the radiated field should be over the entrance of the external ear canal. Participants were simultaneously exposed to GSM radiation and an acoustic stimulus.
Additional information Participants attended two sessions on separate days with genuine or sham exposure, double-blind and counterbalanced in order.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 2 W - 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 10 min
Modulation
Modulation type pulsed
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 1 W - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
  • ear
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Statistical analysis revealed no significant differences in the mean shift of pure-tone audiometry and transient evoked otoacoustic emission (TEOAE) values before and after genuine and/or sham mobile phone electromagnetic field exposure.
The authors concluded that a 10-min close exposure of electromagnetic fields emitted from a mobile phone had no immediate after-effect on measurements of hearing threshold level on pure-tone audiometry and transient evoked otoacoustic emissions. No measurable hearing deterioration was detected.

研究の種別:

研究助成

関連論文