研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[アルカリコメットアッセイと染色体異常検査を用いた携帯電話放射(835 MHz)による染色体構造異常のインビトロ評価] med./bio.

In vitro assessment of clastogenicity of mobile-phone radiation (835 MHz) using the alkaline comet assay and chromosomal aberration test.

掲載誌: Environ Toxicol 2008; 23 (3): 319-327

背景と目的:最近、835MHzのRF電磁界インビトロにおいて復帰突然変異頻度およびDNA変性増強に影響を与えることを示した。今回は、835MHz電磁界単独ばく露および染色体異常誘発物質clastogenとの組み合わせばく露を与えたほ乳類の細胞における2つのインビトロでの細胞遺伝的測定項目(アルカリコメットアッセイおよび染色体異常(CA)検査)について詳しく調べた。結果:インビトロCA検査において、835MHz電磁界細胞遺伝的直接作用は見られなかった。突然変異誘発法であるエチルメタン硫酸塩(EMS)と835MHz電磁界の組み合わせばく露はEMS単独ばく露に比べCA検査において弱いながら有意な細胞遺伝的影響を示した。また、コメットアッセイによって835MHz電磁界単独ばく露によるDNA損傷を評価した結果は、ほぼネガティブであったが、テイルモーメント(DNA損傷の形態の一種)の小さな増加を示した。しかし、clastogenとの組み合わせでのRFばく露は、コメットアッセイにおいて影響の可能性を示した。結論:今回の結果は、835MHz電磁界へのばく露による健康影響の可能性の重要な示唆として、遺伝子損傷リスク増加の可能性を信頼性高く否定することはできないことを示した。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study two kinds of cytogenetic endpoints (alkaline comet assay and chromosome aberration test) on mammalian cells exposed to 835 MHz radiofrequency electromagnetic fields alone and in combination with known model clastogens (cyclophosphamide and ethylmethanesulfonate).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 835 MHz
ばく露時間: continuous for up to 48 h

ばく露1

主たる特性
周波数 835 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for up to 48 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 The TEM exposure system was placed inside a CO2 incubator at 37°C.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 4 W/kg - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data suggest that in the chromosome aberration assay the 835 MHz radiofrequency electromagnetic field did not induce any direct clastogenic effect alone or in combination with the model clastogenic agents, while in the alkaline comet assay the presence of an applied radiofrequency electromagnetic field statistically significantly enhanced the clastogenic activity of model clastogens.
Thus, the authors cannot exclude any possibility of an increased risk of genetic damage, with important implications for the possible health effects of exposure to 835 MHz electromagnetic fields.

研究の種別:

研究助成

関連論文