研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットの精嚢の微細構造に対する電磁界の影響:光学顕微鏡および透過型電子顕微鏡による研究] med./bio.

The effects of electromagnetic field on the microstructure of seminal vesicles in rat: a light and transmission electron microscope study.

掲載誌: Pak J Biol Sci 2008; 11 (5): 692-701

この研究は、ラットを用いた実験で、50 Hz電磁界EMF)が精巣組織に与える影響を調べた。30匹のラットを15匹ずつのばく露群と対照群に分けた。ばく露群は、生後2か月間、50 HzのEMFばく露を受けた。ばく露後に、精巣組織光学および透過型電子顕微鏡で観察した。その結果、ばく露群では、上皮細胞および基底細胞に顕著な破壊が見られ、主な所見はヘテロクロマチンおよび高密度の核であった;間質結合組織細胞片と異常領域が認められた;上皮細胞の細胞質内および細胞小器官の間に、明白な空胞化が見られた;血管の内皮細胞の核は硬化し、内皮細胞の細胞質は多くの液胞およびピノクトーシス小胞を含んでいた、と報告している。

研究目的(著者による)

精嚢細胞構築及び微細構造に対して生じるかも知れない50Hz電磁界ばく露の影響を調べること。

詳細情報

30匹の雄ラットばく露群と対照群に割り当てた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 8 h/day for 2 months

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 8 h/day for 2 months
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 two coils with a distance of 50 cm; animals placed between the coils
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 8 mT - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

ばく露群では、ヘテロクロマチンと高密度の核によって示される上皮及び基底細胞有意な破壊が見られた。間質結合組織細胞では、破片や異常な領域が認識できた。上皮細胞の細胞質内及び細胞小器官の間には明らかな空胞形成が認められた。血管上皮細胞の核はより強固で、上皮細胞の細胞質には多くの空胞とピノサイトーシス小胞が含まれていた。
この結果は、電磁界ばく露精嚢組織に重大な変化を生じ得ることを示唆している。ゆえに、電磁界ばく露不妊につながる可能性のある病理学的変化を生じ得る。

研究の種別:

研究助成

関連論文