研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットの聴覚に対する携帯電話電磁界慢性ばく露の影響] med./bio.

Effect of chronic exposure to cellular telephone electromagnetic fields on hearing in rats.

掲載誌: J Laryngol Otol 2011; 125 (4): 348-353

この研究は、歪成分耳音響放射を測定することで、携帯電話からの電磁界ラット内耳に及ぼす影響を評価した。20匹の新生仔ラットおよび20匹の成獣ラットをそれぞれ10匹ずつの2群(ばく露群と対照群)に分けた。ばく露群は1日6時間で連続30日間、電磁界ばく露を受けた。30日間のばく露期間の前後に、歪成分耳音響放射を各群で測定し、信号対雑音比を算出した。その結果、新生仔ラット群および成獣ラット群の両方において、携帯電話電磁界へのばく露の前後で記録された歪成分耳音響放射に有意差はなかった;以上の知見は、携帯電話から放出される電磁界へのばく露(1日6時間、連続30日間)は、外耳中耳、または蝸牛レベルにおいて、新生仔ラットおよび成獣ラットの聴覚に影響を与えないことを示唆する、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of the electromagnetic field emitted by cell phones on the inner ear of rats.

詳細情報

20 adult rats and 20 newborns were divided into two exposure and two control groups (each group n=10).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900–1,800 MHz
ばく露時間: continuous for 6 h/day on 30 days
  • SAR: 0.934 W/kg (Samsung SGH-N170 mobile phone)
  • SAR: 0.851 W/kg (LG KG 275 mobile phone)

ばく露1

主たる特性
周波数 900–1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 6 h/day on 30 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.934 W/kg - - - Samsung SGH-N170 mobile phone
SAR 0.851 W/kg - - - LG KG 275 mobile phone

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
  • ear
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

For both the newborn and adult rat groups, there was no significant difference in distortion product otoacoustic emissions recorded before and after exposure. Exposure to the electromagnetic field emitted by mobile phones for 6 hours a day for 30 consecutive days had no effect on the hearing of newborn or adult rats at the outer ear, middle ear or cochlear level.

研究の種別:

研究助成

関連論文