研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒトの聴力に対するUMTS携帯電話の影響:欧州プロジェクトEMFnEARの結果] med./bio.

Effects of UMTS cellular phones on human hearing: results of the European project EMFnEAR.

掲載誌: Radiat Res 2009; 172 (2): 244-251

【背景と目的】欧州プロジェクトEMFnEARは、UMTS携帯電話によるRF短期ばく露後のヒトの聴覚機能における変化の可能性を評価することを目的として進められている。【方法】参加者は、聴力及び耳の障害がない若い健常者である。RF放射ばく露の直前と直後に、ばく露された側の耳の聴覚機能検査を行った。検査項目は、聴力レベル(HTL)、歪成分耳音響放射検査(DPOAE)、誘発耳音響放射TEOAE)の対側性抑制、聴覚誘発脳波である。ばく露は、イヤホン経由で与えられる通常の会話レベルの話し声に加えて、一般の携帯電話機をパソコンで制御して与えられる本物および擬似のRFばく露から成る。【結果】蝸牛領域でのSAR 69mW /kgとなる最大出力でUMTSに20分間ばく露した後、134名の参加者の聴覚系への影響に一貫したパターンがないことが、二重盲検法でのばく露擬似ばく露の比較により示された。これとは別の影響として、高周波域での聴力閾値への影響が認められたが、複数比較の補正後に統計的に有意でなくなった。【結論】一般用携帯電話の最高出力での短期的UMTSばく露は、ヒトの聴覚系への測定可能な急性を引き起こさない。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

In this study, the pooled analysis of the data obtained in the course of the European "EMFnEAR project" on the possible effects of exposure to UMTS-modulated electromagnetic fields on the auditory system of humans is described.

詳細情報

EMFnEAR project: "Exposure at UMTS Electromagnetic Fields: Study on Potential Adverse Effects on Hearing".
A total of 134 participants (73 women and 61 men) were tested across different European laboratories. Not all participants were given all audiological tests.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1,947 MHz
ばく露時間: continuous for 20 min
  • 電界強度: 39.8 V/m (at the bottom of the rod antenna)
  • SAR: 69 mW/kg maximum (in the cochlea region)

ばく露1

主たる特性
周波数 1,947 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 20 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 earphone held in a non-metallic positioning system
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 39.8 V/m - 測定値 - at the bottom of the rod antenna
SAR 69 mW/kg maximum 測定値 - in the cochlea region

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data did not show any consistent pattern of effects on the auditory system after a 20-min UMTS exposure at the maximum output of the cell phone with 69 mW/kg SAR in the cochlea region.
It is concluded that UMTS short-term exposure at the maximum output does not cause measurable immediate effects on the human auditory system.

研究の種別:

研究助成

関連論文