研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒトにおける60Hz、1800µT磁界の神経生理学的及び行動学的影響] med./bio.

Neurophysiological and behavioral effects of a 60 Hz, 1,800 µT magnetic field in humans.

掲載誌: Eur J Appl Physiol 2012; 112 (5): 1751-1762

研究目的(著者による)

ヒトの生理学神経生理学及び運動機能に対する60Hz磁界ばく露の影響を、単一の実験手順を用いて調べること。

詳細情報

被験者73人(男性46人、女性27人)が、4つのシーケンスのテストで構成される2つのセッション(偽ばく露及びばく露)に別の日に参加した。セッションあたり4つのテストブロックを実施した:ばく露開始の15分前、ばく露開始の15分及び45分後、ばく露終了の15分後。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: 1 h - with the field turned off for up to 1 minute at different time intervals depending on the recording method used (e.g. EEG)

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 1 h - with the field turned off for up to 1 minute at different time intervals depending on the recording method used (e.g. EEG)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 two orthogonal coils with a diameter of 1.6 m, spaced 1.2 m apart; each coil consisting of 80 turns of AWG-10 wire mounted with a nonconductive cooling/heating system; test person sitting on an elevated armchair in the middle of the coil system; test person wearing earplugs; for some tests the armchair was pulled back, opening access to a force plate underneath the chair; test person stepped on it and took a standardized position
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1,800 µT - - - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

このデータは、磁界ばく露時の直立バランスの低下(閉眼条件のみ、ばく露が固有受容性及び/または前庭の機能に作用することを示唆している)、ならびに生理学的振戦振幅の増加を明らかにした。対照的に、調査したその他のパラメータ(例:EEGまたは随意運動制御)への影響は見られなかった。

これらの知見は、1時間の60Hz磁界ばく露(1800µT(管理環境に対するICNIRPの限度値は1000µT))は、皮質の電気的活動で検出されることなく、ヒトの不随意的運動制御を変調させるかも知れないことを示唆している。

研究の種別:

研究助成

関連論文