研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[電撃傷生存者における神経学的疾患のリスク:全国規模のコホート研究、デンマーク、1968-2008年] epidem.

Risk of neurological diseases among survivors of electric shocks: A nationwide cohort study, Denmark, 1968-2008.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2012; 33 (6): 459-465

この研究は、デンマークにおける1968年から2008年の間の電撃事故後の生存者を対象に実施された、電撃と神経疾患リスクに関する後ろ向きコホート研究である。コホートには3133人が含まれ、神経疾患の発生は、全人口規模のデンマーク全国患者登録にリンケージして調査した。コホートで観察された症例数の割合を、一般集団において観察された神経疾患の症例数の割合と比較して、標準化加療比(SHR)とその95 %信頼区間(CI)を算出した。どちらの集団においても、症例発生の観察は、最初の受診をもって決定した。その結果、有意なリスク上昇が、末梢神経疾患(SHR = 1.66、95 %CI:1.22 - 2.22)、片頭痛(SHR = 1.80、95 %CI:1.23 - 2.54)、めまい(SHR = 1.60、95 %CI:1.22 - 2.05)、およびてんかん(SHR = 1.45、95 %CI:1.11 - 1.85)で観察された;他の神経疾患の症例はごく少数しか見出されなかったため、リスクの推定は不安定になった;これらの知見は、一回の電撃と末梢神経疾患、片頭痛めまいてんかんリスク上昇のある一つの関連を示唆しているが、本研究で観察された結果についてはさらなる確認が必要である、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究の目的(著者による)

A retrospective cohort study was conducted in Denmark to investigate the risk of neurological diseases among people who had survived an electric accident in 1968-2008.

影響評価項目/リスク推定のタイプ

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
集団 1 low-voltage accidents (< 1000 V)
集団 2 high voltage accidents (≥ 1000 V)

調査対象集団

調査規模

タイプ
参加者 3,133
その他:

62,982 person-years

結論(著者による)

Statistically significantly increased risks were observed for peripheral nerve diseases (SHR 1.66; CI 1.22-2.22), for migraine (SHR 1.80; CI 1.23-2.54), for vertigo (SHR 1.60; CI 1.22-2.05), and for epilepsy (SHR 1.45; CI, 1.11-1.85) among survivors of electric shocks. Only small numbers of cases of other neurological diseases were found, making the risk estimates unstable.
The authors conclude that the findings suggest an association between a single electric shock and increased risks for peripheral nerve diseases, migraine, vertigo, and epilepsy, but confirmation of these observations is needed.

研究助成

関連論文