研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットの角膜、水晶体における酸化物/抗酸化物バランスに対する携帯電話の影響] med./bio.

Effects of mobile phones on oxidant/antioxidant balance in cornea and lens of rats.

掲載誌: Curr Eye Res 2007; 32 (1): 21-25

【目的】角膜とレンズ組織酸化/抗酸化に関して、携帯電話放射電磁界の影響を調査すること。および、この背景において、ビタミンCの防護効果を観察すること。【方法】雌のウィスター系白色ラット40匹を、それぞれ10匹ずつの4つのグループに割り当てた。一つのグループは、毎日、基準レベル携帯電話電磁界を4週間受けた。二つ目のグループは、上記と同様の処置を受けさらに毎日ビタミンC(250mg/kg)が経口投与された。三つ目のグループはビタミンCの投与のみ受けた。さらに、四つ目のグループは、標準的実験室ケアを受け、対照として扱われた。角膜とレンズ組織マロンジアルデヒド(MDA)レベルおよびスーパーオキシドジスムターゼ(SOD;活性酸素消化酵素)・グルタチオン・ペルオキシダーゼ(GSH-Px)・カタラーゼ(CAT)の活性が分光光度法によって計測された。【結果】角膜組織において、マロンジアルデヒド(MDA)とカタラーゼ(CAT)活性は、携帯電話ビタミンCのグループおよびコントロールグループに比べて、携帯電話グループにおいて有意に増加したが(p<0.05)、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)は有意に減少した(p<0.05)。レンズ組織においては、マロンジアルデヒド(MDA)レベルのみが、携帯電話ビタミンCグループおよびコントロールグループに比べて、携帯電話グループにおいて有意に増加した(p<0.05)。レンズ組織では、SOD、GSH-Px、CATについて、グループ間の有意な差異は見いだされなかった(p>0.05)。【結論】この研究の結果は、携帯電話電磁界角膜およびレンズ組織酸化ストレスを導くこと、さらに、ビタミンCのような抗酸化物質はこれらの影響の防止に役立つ可能性が示唆された。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of mobile phones on the oxidant/antioxidant balance in corneal and eye lens tissues of rats and to observe any protective effects of vitamin C.

詳細情報

40 rats were assigned to one of four groups containing 10 rats each: 1) mobile phone exposure alone, 2) mobile phone exposure along with a daily oral dose of vitamin C (250 mg/kg), 3) vitamin C alone, 4) cage control.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: intermittent, 4 x 10 min/day, for 4 weeks
  • SAR: 1.2 W/kg

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 intermittent, 4 x 10 min/day, for 4 weeks
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

GSM

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
Distance between exposed object and exposure source 10 cm
チャンバの詳細 The rats could move freely in their group-cages.
ばく露装置の詳細 The mobile phones were just above the cages.
Additional information The mobile phones were in standby position and called four times a day for 10 min.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1.2 W/kg - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
  • eye
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

In corneal tissue, malondialdehyde level and catalase activity significantly increased in the mobile phone exposed group compared with the "mobile phone plus vitamin C group" and the control group. Superoxide dismutase activity was significantly decreased.
In the eye lens tissues, only the malondialdehyde concentration significantly increased in the mobile phone exposed group relative to "mobile phone plus vitamin C group" and the control group. In eye lens tissue, significant differences were not found between the groups in terms of the different enzyme activities.
The data suggest that mobile telephone exposure leads to oxidative stress in corneal and eye lens tissues and that antioxidants such as vitamin C can help to prevent these effects.

研究の種別:

研究助成

関連論文