[ラットの骨髄間葉系幹細胞の増殖、分化および石灰化に対する正弦波電磁界の時間依存的な作用] med./bio.

The time-dependent manner of sinusoidal electromagnetic fields on rat bone marrow mesenchymal stem cells proliferation, differentiation, and mineralization.

掲載誌: Cell Biochem Biophys 2014; 69 (1): 47-54

この研究は、ラット骨髄間葉幹細胞(BMSCs)の増殖分化および骨石灰化の潜在能力に対する正弦波電磁界(SEMFs;15 Hz、1 mT)の刺激作用を、ばく露時間を変化させて調べた(1日1時間で、1、4、7、10、14日間ばく露)。その結果、SEMFsによってBMSCsの増殖ばく露時間依存的に促進された;骨形成遺伝子発現、アルカリフォスファターゼ活性、カルシウム沈着がSEMFsばく露後増強され、その程度はばく露時間に依存した;このようなSEMFsの影響にはMEK/ERK信号伝達経路も関係していることが示された、と報告している。

ばく露

関連論文