研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[Sprague Dawleyラットに単独投与した連続的及び間欠的な超低周波(ELF)電磁界への生涯ばく露の結果] med./bio.

Results of lifespan exposure to continuous and intermittent extremely low frequency electromagnetic fields (ELFEMF) administered alone to Sprague Dawley rats.

掲載誌: Environ Res 2018; 164: 271-279

これまでのところ、げっ歯類に対する実験研究では超低周波(ELF)磁界発がん性についての決定的な証拠は得られていない。著者らによるS-Dラットを用いた最近の2報の研究では、ELF磁界ばく露ホルムアルデヒド(50 mg/l)または急性の低線量ガンマ線(0.1 Gy)と関連付けた場合、異なる部位(乳腺、C細胞癌腫、心臓の悪性神経鞘腫)での悪性腫瘍の統計的に有意な増加が報告されている。これらの既知の発がん因子を同用量で単独投与した場合、同じラットのコロニーでの悪性腫瘍全体または個別の発生率の統計的に有意な増加は生じなかった。この研究は、S-Dラットの生涯にわたるELF磁界への全身ばく露を単独で、または既知の発がん因子と組合わせて実施した。雌雄のラット正弦波の50 Hz磁界に連続的(0、2、100、1000µT)または間欠的(1000µT、30分間オン/30分間オフ)に19時間/日、出生前から自然死までばく露した。その結果、全てのばく露群のラットで、生存率及び体重の傾向対照群と同等であった。悪性及び両性の腫瘍発生率及び発生数は全ての群で同等であった。疫学研究で可能性のある標的として同定されている部位(白血病乳がん脳腫瘍)を含む、いずれの臓器でも、悪性新生物発生率磁界ばく露による有意な増加はなかった。この研究で用いたラットモデルでは、50 HzのELF磁界への連続的及び間欠的な生涯の単独ばく露は、悪性新生物形成の有意なリスク因子ではなかった。ELF磁界ホルムアルデヒド及びガンマ線と組合わせた著者らによる先行研究の結果に照らして、がんの補助増強因子としてのELF磁界の役割を解明するため、さらなる研究が必要である、と著者らは結論付けている。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: during whole life span for 19 h/day (starting in utero until death)
ばく露2: 50 Hz
ばく露時間: during whole life span for 19 h/day (starting in utero until death)
ばく露3: 50 Hz
ばく露時間: during whole life span for 19 h/day (starting in utero until death)
ばく露4: 50 Hz
ばく露時間: during whole life span for 19 h/day (starting in utero until death)
ばく露5: 50 Hz
ばく露時間: intermittent (30 minutes on/30 minutes off) during whole life span for 19 h/day (starting in utero until death)

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
偏波
  • linear
ばく露時間 during whole life span for 19 h/day (starting in utero until death)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 rats (5 rats per cage) in polycarbonate cages (41 cm x 25 cm x 15 cm, white wood shavings as bedding) were placed in a toroidal exposure apparatus in a large room with a temperature of 22°C ± 3°C and a relative humidity of 40-60% with 12 h/daylight/dark; control and exposure groups were all in the same room in several independent toroids (ca. 500 rats per toroid possible)
ばく露装置の詳細 a toroidal exposure apparatus was designed with 24 coils made of three turns of insulated copper cable, mounted on a superstructure of aluminum composed of two insulated parts; total copper cross section was 11 x 28 mm2; the large amount of a good thermal-conducting insulation prevented heating (ensuring room temperature); vibrations and noise were proved to be absent; a wooden structure was mounted inside the toroidal magnet for rat cages; the field lines were horizontal and parallel to the ground; the field uniformity was better than 10%; the current supply had a maximum harmonic distortion of 3%; the field rise time at power-up was at least 200 ms
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information the natural field level was no more than 0.1 μT
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 2 µT - 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
偏波
  • linear
ばく露時間 during whole life span for 19 h/day (starting in utero until death)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 20 µT - 測定値 - -

ばく露3

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
偏波
  • linear
ばく露時間 during whole life span for 19 h/day (starting in utero until death)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 100 µT - 測定値 - -

ばく露4

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
偏波
  • linear
ばく露時間 during whole life span for 19 h/day (starting in utero until death)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1,000 µT - 測定値 - -

ばく露5

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
偏波
  • linear
ばく露時間 intermittent (30 minutes on/30 minutes off) during whole life span for 19 h/day (starting in utero until death)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1,000 µT - 測定値 - -

Reference articles

  • Soffritti M et al. (2016): [SD雄ラットでの発がん作用誘発における50Hz正弦波磁界とホルムアルデヒドとの相乗作用]
  • Soffritti M et al. (2016): [正弦波50Hz磁界への生涯ばく露および低線量γ線急性ばく露はSprague-Dawleyラットに発がん作用を引き起こす]
  • Montanari I (2003): [50 Hz磁界の影響に関する大規模イン・ビボ実験のためのシステムの最適設計]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究助成

関連論文