研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[F344ラットでのN-エチル-N-ニトロソ尿素誘発の神経原性腫瘍に対する60Hz回転磁界のコプロモーション効果は見られない] med./bio.

Lack of a co-promotion effect of 60 Hz rotating magnetic fields on N-ethyl-N-nitrosourea induced neurogenic tumors in F344 rats.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2008; 29 (7): 539-548

研究目的(著者による)

エチルニトロソ尿素(ENU)でイニシエートしたラット脳腫瘍プロモータとしての60Hz磁界によって生じるかも知れない影響を調べること。

詳細情報

120匹の雄ラットを6群に分け、妊娠18日目に単回静脈内投与の生理食塩水(対照群、グループI)またはENU(10mg/kg、グループII-VI)に子宮内でばく露した。グループIIの合計480匹の仔にはそれ以降処理せず、グループIII-VIの仔は偽ばく露を含む4つの異なる強度の磁界ばく露した(4週齢から32または42週齢まで)。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: continuous for 21 h/day from the age of 4 weeks to the age of 32 weeks or 42 weeks

General information

animals were divided into 6 groups: i) exposure in utero on day 18 of gestation to a single, intravenouse dose of saline ii)exposure in utero on day 18 of gestation to a single, intravenouse dose of ENU 10 mg/kg iii) exposure in utero on day 18 of gestation to a single, intravenouse dose of ENU 10 mg/kg + sham EMF exposure iv) exposure in utero on day 18 of gestation to a single, intravenouse dose of ENU 10 mg/kg + exposure to 5 µT v) exposure in utero on day 18 of gestation to a single, intravenouse dose of ENU 10 mg/kg + exposure to 83.3 µT vi) exposure in utero on day 18 of gestation to a single, intravenouse dose of ENU 10 mg/kg + exposure to 500 µT

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 21 h/day from the age of 4 weeks to the age of 32 weeks or 42 weeks
Additional information rotating magnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 four square coils
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 5 µT - 計算値 - -
磁束密度 83.3 µT - 計算値 - -
磁束密度 500 µT - 計算値 - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

全てのENU処理群で神経原性腫瘍が認められた。32及び42週齢で剖検したENU群の腫瘍発生率対照群よりも高かった。

但し、偽ばく露群とENU+磁界ばく露群との有意差はなかった。

結論として、磁界強度が最大500µTの60Hzへの仔のばく露が、ENUで誘導したラット脳腫瘍をプロモートするという証拠はなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文