研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[弱い超低周波磁界でプラナリア(Dugesia tigrina)に誘発させた再生異常] med./bio.

Weak extremely-low-frequency magnetic field-induced regeneration anomalies in the planarian Dugesia tigrina.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1996; 17 (6): 467-474

この研究は、著者らによるプラナリア(Dugesia tigrina)の再生への磁界効果に関する研究の一環である。著者らの先行研究では、平行DCとACの複合磁界への連続的ばく露を受けたプラナリアでは頭部再生が有意に遅れることを報告した。そして、この効果は、「共鳴現象」が根底にあるという仮説と一貫性があると主張している。今回は、同じモデルを用いた一連の調査で、腫瘍様の隆起として現れる再生異常発生率もまた、弱い60Hz磁界(ピーク強度の範囲は1.0〜80.0μT)ばく露に関連して有意に増加する(P <0.001)、と報告している。

研究目的(acc. to editor)

プラナリア Dugesia tigrina再生異常に対する弱い超低周波磁界の影響を調べること。

詳細情報

著者らは最近、直流(78.4µT)及び交流(60Hz、10µT)の磁界に連続的に複合ばく露された集団では、プラナリア Dugesia tigrina の頭部再生が有意に遅延することを報告した(publication 2870)。この影響は、根底をなす共鳴メカニズムを示唆する仮説と一致した。

扁形動物門ウズムシ綱の Dugesia tigrina は、傷害または病変後に新たな神経筋肉感覚器官、及びその他の組織分化できる、多数の幹細胞をその結合組織中に有することから、特に重要な研究対象である。その再生能力のため、プラナリア再生研究において重要な役割を担っている。

耳介のすぐ後ろで速やかに横方向に切断した(ばく露の前に)。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: 12 days continuous exposure, except approx. 1 hour each day for observations, calibration and measurements
Faraday control
ばく露2: 60 Hz
ばく露時間: 12 days continuous
Calcium Resonance
ばく露3: 60 Hz
ばく露時間: 12 days continuous
Potassium resonance
ばく露4:
  • DC/static
ばく露時間: 12 days continuous
Ambient
  • 磁束密度: 53.5 µT cf. remarks (vertical DC field +/- 0.01 µT)
  • 磁束密度: 18.2 µT cf. remarks (horizontal DC field +/- 0.01 µT)
ばく露5:
  • DC/static
ばく露時間: 12 days continuous
Passive control
  • 磁束密度: 0.01 µT cf. remarks (vertical DC field +/- 0.1 µT)
  • 磁束密度: 18.2 µT cf. remarks (horizontal DC field +/- 0.01 µT)

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 12 days continuous exposure, except approx. 1 hour each day for observations, calibration and measurements
Additional information Faraday control
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 3 identical solenoids, each 24 cm apart and horizontally aligned, were centered in a triple-axis Helmholtz coil system; an AC signal was fed to the first solenoid that was connected in series to a matching set of windings in the second solenoid; an additional DC signal was fed to a second set of windings of these solenoids; a third solenoid was placed between these two
Additional information in the first coil the resulting field consisted only of the AC component; in the second coil resulted a combination of AC and DC magnetic field; in the third coil the horizontal component of the geomagnetic field and a residual AC field of 0,2 µT existed
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.01 µT cf. remarks 測定値 - vertical DC field +/- 0.1 µT
磁束密度 0.01 µT cf. remarks 測定値 - horizontal DC field +/- 0.05 µT
磁束密度 1 µT peak 測定値 - AC field
磁束密度 10 µT peak 測定値 - AC field
磁束密度 40 µT peak 測定値 - AC field
磁束密度 51.1 µT peak 測定値 - AC field
磁束密度 78.4 µT peak 測定値 - AC field

ばく露2

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 12 days continuous
Additional information Calcium Resonance
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.01 µT cf. remarks 測定値 - vertical DC field +/- 0.1 µT
磁束密度 1 µT peak 測定値 - AC field
磁束密度 10 µT peak 測定値 - AC field
磁束密度 40 µT peak 測定値 - AC field
磁束密度 78.4 µT peak 測定値 - AC field
磁束密度 78.42 µT cf. remarks 測定値 - horizontal DC field +/- 0.18 µT

ばく露3

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 12 days continuous
Additional information Potassium resonance
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.05 µT cf. remarks 測定値 - vertical DC field +/- 0.05 µT
磁束密度 51.13 µT cf. remarks 測定値 - horizontal DC field +/- 0.12 µT
磁束密度 51.1 µT peak 測定値 - AC field

ばく露4

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 12 days continuous
Additional information Ambient
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 53.5 µT cf. remarks 測定値 - vertical DC field +/- 0.01 µT
磁束密度 18.2 µT cf. remarks 測定値 - horizontal DC field +/- 0.01 µT

ばく露5

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 12 days continuous
Additional information Passive control
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.01 µT cf. remarks 測定値 - vertical DC field +/- 0.1 µT
磁束密度 18.2 µT cf. remarks 測定値 - horizontal DC field +/- 0.01 µT

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 頭部
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

データは、弱い超低周波磁界が頭部再生中のプラナリアにおける再生異常発生率を有意に高め得ることを示した。この反応の度合いは、交流磁界の強度の関数として増加した。再生率に対する影響と同様に、再生異常発生率は、印加した磁界ベクトルに対するプラナリア固定方向にも特に依存していた。

この結果は、プラナリアの頭部再生が弱い超低周波磁界催奇形性作用を調査するための良好なモデルシステムであることを示唆している。

研究の種別:

研究助成

関連論文