研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[筋骨格障害の有病率及び酸化ストレスの役割に対する超低周波電磁界の影響] med./bio.

The Effect of Extremely Low-Frequency Electromagnetic Fields on the Prevalence of Musculoskeletal Disorders and the Role of Oxidative Stress.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2019; 40 (5): 354-360

この研究は、筋骨格障害(MSD)の有病率に対する超低周波(ELF)電磁界への慢性的なばく露の直接的及び間接的な影響を調べた。発電所労働者152人が横断的研究に参加した。IEEE C95.3.1規格に基づいてばく露レベルを測定した。被験者血清中のスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)、カタラーゼ(Cat)、グルタチオンペルオキシダーゼ(GPx)、総抗酸化能(TAC)及びマロンジアルデヒドMDA)(独立変数)を測定した。北欧筋骨格アンケートを用いてMSDを評価した(独立変数)。その結果、電界及び磁界ばく露平均値はそれぞれ4.09 V/m(標準偏差(SD)= 4.08)及び16.27 µT (SD = 22.99)であった。SOD、Cat、GPx、MDAレベルの上昇は、MSDと直接的に有意に関連していた。ロジスティック回帰モデルでは、SOD(オッズ比OR)= 0.952、P = 0.026)、GPx(OR = 0.991、P = 0.048)及びMDA(OR = 0.741、P = 0.021)がMSDの有意な予測因子であった。ELF電磁界はMSDとは直接関連していなかったが、酸化ストレスのレベル上昇はMSDを生じるかも知れない、と著者らは結論付けている。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
ばく露時間: at least 2 years work experience at a power plant (participation requirement)

ばく露1

主たる特性
周波数
タイプ
  • electric field
  • magnetic field
ばく露時間 at least 2 years work experience at a power plant (participation requirement)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
  • power plant
ばく露装置の詳細 workers were asked to briefly describe their workstations and the amount of time that they spent at them; measurements were done at these spots, and the 8 h time‐weighted average of exposure to magnetic fields and electric fields was calculated
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 4.09 µT average over time 測定値および計算値 - ± 4.08 µT
電界強度 22.99 V/m average over time 測定値および計算値 - ± 16.27 V/m

Reference articles

  • Cam ST et al. (2011): [トルコにおける変電所および電撃防止エンクロージャが発生する磁界への職業ばく露]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究助成

関連論文