研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[発電所労働者の酸化ストレスおよび血液学的パラメータに対するビタミンEおよびCの効果の調査:二重盲検無作為化対照臨床試験] med./bio.

Investigating the effects of vitamins E and C on oxidative stress and hematological parameters among power plant workers: A double-blind randomized controlled clinical trial.

掲載誌: Toxicol Ind Health 2020; 36 (2): 99-109

この研究は、酸化ストレスレベルの低減および血液パラメータの改善における抗酸化ビタミン摂取の効果を調べるため、2017年にイランのセムナンにある発電所の異なる場所で働く従業員についての二重盲検無作為化対照試験を実施した。合計91人の従業員を無作為に4群に割付け、それぞれ90日間のビタミンE投与群(400単位/日)、ビタミンC投与群(1000 mg/日)、ビタミンE+C投与群、対照群とした。介入の前後で、血漿中のマロンジアルデヒドMDA)、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)、カタラーゼ(Cat)および総抗酸化能(TAC)、ならびに血液学的パラメータを測定した。その結果、各投与群でのSOD、Cat、およびTACの平均レベルの有意な上昇、ならびにビタミンC投与群およびビタミンE投与群でのMDAの平均レベルの有意な低下が認められた。各投与群では、赤血球細胞数、ヘマトクリット、ならびに血球ヘモグロビン(MCH)の平均レベルおよびMCH濃度が有意に上昇した。ビタミンE投与群でのMDA、SODおよびCatの平均レベルは対照群よりも有意に低かった。TACの平均レベルの低下はビタミンC投与群のみで見られた。非酵素フリーラジカルスカベンジャーとしてのビタミンEおよびCの摂取は、発電所従業員の超低周波電磁界へのばく露によって均衡を崩される可能性がある脂質過酸化を低下させ、抗酸化酵素のレベルを高めるようである、と著者らは結論付けている。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:

ばく露1

主たる特性
周波数
タイプ
  • electric field
  • magnetic field
ばく露装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 6.49 µT minimum 測定値および計算値 - -
磁束密度 39.25 µT maximum 測定値および計算値 - -
電界強度 4.89 V/m minimum 測定値および計算値 - -
電界強度 44.82 V/m maximum 測定値および計算値 - -

Reference articles

  • Cam ST et al. (2011): [トルコにおける変電所および電撃防止エンクロージャが発生する磁界への職業ばく露]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究助成

関連論文