研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[1439 MHzTDMA場へのラットばく露後の脳に対する生物的、形態的効果] med./bio.

Biological and morphological effects on the brain after exposure of rats to a 1439 MHz TDMA field.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2000; 21 (5): 364-371

この研究は、携帯電話で使用されている1439 MHzのTDMA(時分割多重アクセス電磁界へのばく露血液脳関門BBB)の透過性、脳の形態変化、および体重変動に与える影響を調べた。オスのSprague-Dawley(SD)ラットを、それぞれ8匹ずつの3群に分けた。 EM(+)群では、ばく露システムの中央アンテナ周囲に、ラット頭部を円状に並べ、1日1時間、1439 MHz電磁界ばく露を受けた。一方、EM(-)群では、ラットは同様にばく露システム内に置かれたが、高周波電磁界ばく露は受けなかった。対照群は、ばく露システム内に置かれることなく、高周波電磁界ばく露もなかった。ばく露期間は2週間または4週間とした。脳でのピークSARは2W/ kg、全身平均SARは0.25 W/ kgであった。BBB透過性変化を、エバンスブルー注射法および血清アルブミン免疫染色を用いて調べた。小脳形態学的変化は、プルキンエ細胞変性および顆粒層中の細胞濃度を評価することによって調べた。その結果、高周波電磁界ばく露は、BBBの透過性に影響を及ぼさなかった;小脳の形態に有意な変化は観察されなかった;平均体重は影響を受けなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the athermal effects of exposure to a 1439 MHz TDMA field, as used in cellular phones, on the permeability of the blood-brain barrier, on the morphological changes of the brain and on body-mass fluctuations.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1.439 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure for 1 h/day for 5 consecutive days and 2 days of rest, for 2 or 4 weeks
  • SAR: 2 W/kg peak (brain)
  • SAR: 0.25 W/kg mean (whole body)
ばく露2:
ばく露時間: continuous for 2 h
  • SAR: 20 W/kg average over mass (brain)

ばく露1

主たる特性
周波数 1.439 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • near field
ばく露時間 repeated daily exposure for 1 h/day for 5 consecutive days and 2 days of rest, for 2 or 4 weeks
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

signal used for PDC (Personal Digital Cellular, Japanese cellular telephone standard)

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 The exposure system was based on the reference article with some modifications.
ばく露装置の詳細 Eight tubes were mounted circularly on a round turntable. Rats were confined in the tubes with their heads toward the central monopole antenna, each tube being ventilated from head to tail.
Additional information Rats were divided into three groups: with and without exposure and control group. The rats in the control group were neither placed in tubes nor were they exposed.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2 W/kg peak - brain -
SAR 0.25 W/kg mean - whole body -

ばく露2

主たる特性
周波数
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 2 h
ばく露装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 20 W/kg average over mass - brain -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

A 1439 MHz TDMA field did not induce observable changes in the permeability of the blood-brain barrier, morphological changes in the cerebellum, or body mass changes .

研究の種別:

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文