研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[アルゼンチンモリゴキブリ[Blaptica dubia]のエネルギー代謝および移動に対する磁界への慢性ばく露のインパクト] med./bio.

The impact of chronic exposure to a magnetic field on energy metabolism and locomotion of Blaptica dubia.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2020; 96 (8): 1076-1083

この研究は、静磁界および超低周波(ELF)磁界への慢性ばく露による、アルゼンチンモリゴキブリへの影響を包括的に分析した。1月齢の幼虫静磁界(110 mT)またはELF磁界(50 Hz、10 mT)に5か月間ばく露し、10分間のオープンフィールド試験で移動移動距離、移動時間および平均速度)をモニタした。その後、脂肪体とその主成分(グリコーゲンおよび総脂質)の量を判定した。幼虫の体重を磁界ばく露の1か月後および5か月後にも推定した。その結果、静磁界およびELF磁界への慢性ばく露は、幼虫の体重および脂肪体中のグリコーゲン量を減少させたが、移動についての全てのパラメータを増加させた。また、静磁界への慢性ばく露脂肪体中の総脂質量を増加させたが、ELF磁界への慢性ばく露脂肪体および総脂質量を減少させた。これらの知見は、ゴキブリの幼虫は印加した磁界に対して敏感であること、ならびに、ストレス条件を克服するためのエネルギー代謝戦略が、静磁界とELF磁界に対して異なることが示された、と著者らは結論付けている。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露2:
  • DC/static

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • electromagnet
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 10 mT - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • permanent magnet
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 110 mT - - - -

Reference articles

  • Todorović D et al. (2019): [Blaptica dubia[アルゼンチンモリゴキブリ]の若虫の特徴が異なる磁界への長期ばく露:抗酸化バイオマーカーに対する影響及び若虫の消化管の質量]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究助成

関連論文