研究のタイプ: 疫学研究

[運動ニューロン疾患のリスクと磁界ばく露] epidem.

Motor neuron disease risk and magnetic field exposures

掲載誌: Occup Med (Lond) 2022; 72 (3): 184-190

この研究は、運動ニューロン疾患(MND)のリスク磁界への職業的ばく露との関連を、英国の大規模コホートで調べた。旧イングランドおよびウェールズ発送電局(CEGB)の従業員37986人(1942-1982年に採用、1987年11月1日時点で就労)の1987-2018年の死亡率を調べた。詳細な計算により磁界ばく露を推定した。観察された死亡例を、イングランドおよびウェールズにおける一般公衆の死亡率に基づく期待値と比較し、磁界ばく露のカテゴリー(生涯のばく露、以前のばく露、最近のばく露)ごとにポアソン回帰を用いて率比(相対リスク)を計算した。その結果、このコホート全体でのMNDによる死亡は国民全体のそれと同程度であった(観察数69、期待値71.3、標準化死亡率SMR)97、95%信頼区間(CI)= 76-122)。生涯のばく露、以前のばく露、最近のばく露による、統計的に有意なリスク上昇傾向は認められなかったが、最近のばく露の一部のカテゴリーについては正の関連が認められた、と著者らは報告している。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (標準化死亡率比(SMR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 occupational cumulative lifetime exposure to magnetic fields: 0 - 2.4 µT-years
集団 2 occupational cumulative lifetime exposure to magnetic fields: 2.5 - 4.9 µT-years
集団 3 occupational cumulative lifetime exposure to magnetic fields: 5.0 - 9.9 µT-years
集団 4 occupational cumulative lifetime exposure to magnetic fields: 10.0 - 19.9 µT-years
集団 5 occupational cumulative lifetime exposure to magnetic fields: ≥ 20.0 µT-years
参照集団 6 occupational exposure to magnetic fields received >10 years ago: 0 - 2.4 µT-years
集団 7 occupational exposure to magnetic fields received >10 years ago: 2.5 - 4.9 µT-years
集団 8 occupational exposure to magnetic fields received >10 years ago: 5.0 - 9.9 µT-years
集団 9 occupational exposure to magnetic fields received >10 years ago: 10.0 - 19.9 µT-years
集団 10 occupational exposure to magnetic fields received >10 years ago: ≥ 20.0 µT-years
参照集団 11 occupational exposure to magnetic fields received < 10 years ago: 0 µT-years
集団 12 occupational exposure to magnetic fields received < 10 years ago: 0.01 - 0.4 µT-years
集団 13 occupational exposure to magnetic fields received < 10 years ago: 0.5 - 1.9 µT-years
集団 14 occupational exposure to magnetic fields received < 10 years ago: ≥ 2.0 µT-years

調査対象集団

調査規模

タイプ
合計 37,986
統計学的分析方法: ( 調整: )

研究助成

関連論文