研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[847.74 CDMA または835.62 FDMA周波数放射にばく露によりC3H 10T1/2細胞での遺伝子発現は有意に変化しない] med./bio.

Gene expression does not change significantly in C3H 10T(1/2) cells after exposure to 847.74 CDMA or 835.62 FDMA radiofrequency radiation.

掲載誌: Radiat Res 2006; 165 (6): 626-635

この研究は、C3H 10T(1/2)マウス細胞を用いたインビトロ実験により、周波数分割多元接続(FDMA)またはコード分割多元接続(CDMA)変調無線周波RF電磁界遺伝子発現の変化を誘発するか否かを調べた。細胞を、どちらかの変調RF電磁界に、SARは5 W / kgで24時間ばく露した後、遺伝子発現解析のために、ばく露した細胞擬似ばく露した細胞の両方からRNAを抽出した。陽性対照として、0.68 GyのX線にばく露した細胞における遺伝子発現ばく露の4時間後に評価した。遺伝子発現はAffymetrix U74Av2 GeneChipを用いて測定され、mRNAレベルの変化を検出した。各ばく露条件での実験を3回繰り返した。GeneChipデータは両側t検定を用いて分析され、6つの擬似RFばく露サンプルの20個の配列に対するt検定から擬似陽性の数の期待値が推定された。その結果、X線処理されたサンプルでは、発現が1.3倍以上変化したプローブセットが90個を超え、これは擬似陽性数の期待値を上回った;これらの遺伝子の約3分の1は、放射線に反応することが文献で報告されたものであった;対照的に、CDMAおよびFDMA電磁界ではどちらも、1.3倍を超える発現変化を持つプローブセットの数は、擬似陽性数の期待値以下であった;したがって、5 W / kgのFDMAまたはCDMA RF電磁界への24時間のばく露は、遺伝子発現有意な影響を与えないことが示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether FDMA or CDMA modulated radiofrequency irradiations induce changes in gene expression in mouse cells.

詳細情報

Cells exposed to 0.68 Gy of X rays were used as positive controls.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 835.62 MHz
ばく露時間: continuous for 24 h
FDMA
  • 電力密度: 860 W/m² average over time
  • SAR: 5 W/kg average over time (± 2.1 W/kg)
ばく露2: 847.74 MHz
ばく露時間: continuous for 24 h
CDMA
  • 電力密度: 950 W/m² average over time
  • SAR: 5 W/kg average over time (± 2.1 W/kg)

ばく露1

主たる特性
周波数 835.62 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for 24 h
Additional information FDMA
Modulation
Modulation type cf. additional information
Additional information

FDMA

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 A detailed description of the radial transmission line (RTL) irradiator and its environmental controls has been given in several publications (see reference articles).
ばく露装置の詳細 The culture flasks were distributed angularly around the antenna with their centers located at a radius of 29.2 cm.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information The flasks for simultaneous sham exposure were handled in the same way as the flasks exposed to RF radiation but RTLs were not connected to an RF field source.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 860 W/m² average over time 測定値 - -
SAR 5 W/kg average over time 測定値 - ± 2.1 W/kg

ばく露2

主たる特性
周波数 847.74 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for 24 h
Additional information CDMA
Modulation
Modulation type cf. additional information
Additional information

CDMA

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 950 W/m² average over time 測定値 - -
SAR 5 W/kg average over time 測定値 - ± 2.1 W/kg

Reference articles

  • Pickard WF et al. (2000): [誘電体装荷放射状送電線における培養瓶内のSAR分布の実験的および数的測定]
  • Moros EG et al. (1999): [大量の培養瓶へのマイクロ波照射用広帯域遮蔽ばく露装置としての放射状送電線]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The 24 h exposures to FDMA or CDMA radiofrequency irradiation at 5 W/kg had no statistically significant effect on gene expression.

研究の種別:

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文