研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[無線周波電磁放射を受けたMCF7乳がん細胞の二次元電気泳動分析] med./bio.

Two-dimensional electrophoretic analysis of radio-frequency radiation-exposed MCF7 breast cancer cells.

掲載誌: J Radiat Res 2010; 51 (2): 205-213

この研究は、二次元ゲル電気泳動を使用して、無線周波RF電磁界ばく露を受けたヒト乳がん細胞MCF7でのタンパク質発現プロファイルの変化を調べた。MCF7細胞は、2 W / kgまたは10 W / kgの比吸収率SAR)で、849 MHz RF電磁放射への1日1時間のばく露を、連続して3日間受けた。ばく露中、ばく露チャンバ内の温度は一定に保たれた。ばく露終了から24時間後、MCF細胞からタンパク質溶解物を調製し、2次元電気泳動分析を行った。その結果、MCF細胞のタンパク質発現プロファイルは、RFばく露による有意な変化を示さなかった;3回の独立した実験において、二次元電気泳動ゲル上のタンパク質スポットはいずれも、再現性のある変化を示さなかった;再現性はなかったが、発現の変化を示した3つのスポットをエレクトロスプレーイオン化タンデム質量分析によって特定し、それらの発現をRT-PCRおよびウエスタンブロットアッセイで調べたが、それらのmRNAおよびタンパク質レベルに変化はなかった;ハイスループットおよび非ハイスループット技術を駆使したが、RFばく露タンパク質発現プロファイルを調節することはありそうもないことが示唆された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

MCF7 human breast cancer cells were exposed to 849 MHz radiofrequency irradiation at average SAR values of either 2 W/kg or 10 W/kg, and the changes in protein expression profiles were monitored via 2D-DIGE high throughput technique. Some protein spots which showed altered expression without reproducibility in triplicate were validated using non-high throughput techniques (electrospray ionization tandem mass spectrometry, RT-PCR, Western blot).

詳細情報

Heat shock treatment (43°C, 30 min) and exposure to gamma radiation (0.5 Gy) were used for positive controls.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 849 MHz
ばく露時間: continuous for 1 h/day on 3 consecutive days

ばく露1

主たる特性
周波数 849 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 1 h/day on 3 consecutive days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • モノポール
チャンバの詳細 temperature controlled 420 mm x 317 mm x 100 mm rectangular cavity exposure chamber
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2 W/kg - - - -
SAR 10 W/kg - - - -

Reference articles

  • Lee JJ et al. (2008): [急性無線周波放射は細胞周期、細胞遊走、浸潤性に影響を与えない]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The protein expression profiles of the MCF7 cells were not significantly altered following radiofrequency exposure. None of the protein spots on the 2D-DIGE gels showed reproducible changes in three independent experiments. Additionally, there was no alteration in the mRNA and protein levels of three protein spots showing altered expression without reproducibility.
The authors conclude that it seems unlikely that radiofrequency exposure modulates the protein expression profile as they were unable to observe any significant and reproducible changes in the protein expression profiles of the exposed MCF7 cells using high throughput and non-high throughput techniques,

研究の種別:

研究助成

関連論文