研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波にばく露されたヒト水晶体上皮細胞のプロテオーム解析] med./bio.

Proteomic analysis of human lens epithelial cells exposed to microwaves.

掲載誌: Jpn J Ophthalmol 2007; 51 (6): 412-416

【目的】 本研究の目的は、1800-MHzグローバル・システム・フォー・モバイル・コミュニケーション(GSM)に似せたマイクロ波ばく露されたヒト水晶体上皮細胞(HLECs)におけるプロテオーム変化を調査することである。【方法】 3つの別個の実験で、HLECsは1800-MHz GSMに似せた電磁界へのばく露と偽ばく露(各6皿)を2時間与えられた。比吸収率は1.0、2.0、3.5W/kgであった。ばく露後ただちに、プロテオームがHLCEsから抽出された。固定されたpH傾度の2次元ポリアクリルアミドゲル電気泳動(2-DE;銀染色)とPDQuest 2-DE解析ソフトウェアを使用して、ばく露HLECsと偽ばく露HLECsのプロテオームを抽出し分析した。4つの異なった形で発現したタンパク質個所が選択され、エレクトロスプレイイオン化質量分析(ESI-MS-MS)で確認された。【結果】 ばく露された細胞のタンパク質プロフィールは偽ばく露細胞のそれらと比較され、4つのタンパク質上方制御されたことが確認された。ESI-MS-MSによる分析とデータベース検索の後、熱ショックタンパク質(HSP)70と異種の不明瞭なリボヌクレオタンパク質K(hnRNP K)がばく露細胞上方制御されたことが確認された。【結論】 質量分析と組み合わせた2次元ポリアクリルアミドゲル電気泳動法は、潜在的な電磁反応タンパク質マーカーのスクリーニングの強力なツールである可能性がある。HSP70とhnRNP Kはマイクロ波ばく露されたHLECsのストレス反応に関与する。これらの細胞反応は電磁場の非熱効果である。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

This study was performed to investigate proteome changes in human lens epithelial cells exposed to 1800 MHz Global System for Mobile Communication-like microwaves in vitro and to get further insights into the molecular mechanisms of microwave-induced cartaract formation.

詳細情報

The experiments were conducted in triplicate. Three different specific absorption rates were used: 1, 2, and 3.5 W/kg.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1,800 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 2 h

ばく露1

主たる特性
周波数 1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 2 h
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • sXc-1800 exposure system
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1 W/kg - - - -
SAR 2 W/kg - - - -
SAR 3.5 W/kg - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No proteome changes were observed in cells exposed to microwaves at 1 W/kg.
The protein profiles of exposed cells at specific absorption rates of 2 and 3.5 W/kg compared to those of sham-exposed cells showed four upregulated proteins. Further analysis revealed heat-shock protein 70 and heterogeneous nuclear ribonucleoprotein K (RNA-binding protein, amongst others involved in signal transduction and gene expression) to be upregulated in the exposed cells.

研究の種別:

研究助成

関連論文