研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話放射はヒト皮膚のタンパク質発現を変えるかもしれない] med./bio.

Mobile phone radiation might alter protein expression in human skin.

掲載誌: BMC Genomics 2008; 9: 77

背景と目的:携帯電話放射がヒト表皮細胞株タンパク質発現を変化させることを以前の研究で示しが、これは放射を受けた人体において同じ反応が起きることを意味するものではない。今回のヒトボランティアを用いたパイロット研究では、プロテオミックス手法を用いて、ヒト皮膚に局所的なRF電磁界ばく露を行い、生きている人体でタンパク質発現に変化が生じるか否かを調べた。方法:女性10人のボランティアの前腕の小さい領域にRF電磁界ばく露比吸収率SAR=1.3)を行い、ばく露領域と非ばく露領域から生検試料を採取した。生検試料から抽出したタンパク質を2-DEによって分離し、PDQuestソフトウェアを用いてタンパク質発現の変化を解析した。結果:解析の結果、統計学的に有意な影響を受けた8つのタンパク質が同定された。その内2つのタンパク質は10人のボランティア全員に見られた。このことから、ヒト皮膚におけるタンパク質発現はRF電磁界ばく露の影響を受けるかも知れないことが示唆された。影響を受けたタンパク質の数は、先のインビトロ研究で観察された数と同等である。結論:今回の研究は、ヒトボランティアにおいてRF電磁界ばく露に反応して分子レベルの変化が生じるかもしれないことを示した初めての研究である。プロテオミックススクリーニング手法は、RF電磁界の標的タンパク質の同定をヒトボランティアにおいて可能にすることが確認された。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

This study was conducted to determine whether a local exposure of human skin to radiofrequency electromagnetic field induces any changes in protein expression and whether it is possible to find common proteins that respond to radiofrequency electromagnetic field in all volunteers.

詳細情報

A small area of forearm's skin in 10 female volunteers was exposed to radiofrequency electromagnetic field at a specific absorption rate of 1.3 W/kg. This specific absorption rate is below the ICNIRP safety guidelines (2.0 W/kg). Punch biopsies were collected from exposed and sham exposed areas of the skin.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 1 h
  • SAR: 1.3 W/kg (in the skin)

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 1 h
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

GSM

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 The experimental setup has been described in detail elsewhere [Toivonen et al., 2007].
ばく露装置の詳細 The GSM phone was computer controlled.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information A small area of the right forearm was irradiated, and the other, non-irradiated forearm was used as sham control.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1.3 W/kg - - - in the skin

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • skin
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Eight differentially expressed proteins were identified. Two proteins were present in all 10 volunteers thus showing that it is possible to find common, radiofrequency electromagnetic field responding proteins among the all volunteers.
These results suggest that human skin might respond to radiofrequency electromagnetic field and change protein expression profile. Whether these changes might have impact on skin physiology has to be further investigated.

研究の種別:

研究助成

関連論文