研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[汚染されているのは場所か心か? 「電磁界を原因と考える本態性環境不耐症」における症状形成のバックグラウンドの心理学的要因についての実験的偽ばく露研究] med./bio.

Polluted places or polluted minds? An experimental sham-exposure study on background psychological factors of symptom formation in 'Idiophatic Environmental Intolerance attributed to electromagnetic fields'.

掲載誌: Int J Hyg Environ Health 2010; 213 (5): 387-394

研究目的(著者による)

本研究の狙いは、1) 50Hz電磁界ばく露について報告されている身体的症状におけるノセボ効果の重要な役割を証明すること(それぞれ、低及び高強度の電磁界があるという示唆を伴う偽ばく露による);2) 電気過敏症心理学リスク要因としてのノセボ関連の人格特性を調査すること、であった。

詳細情報

健康被験者40人(大学生)が参加した。

著者らは、自身が電気過敏症だとする評価が高い被験者ほど、また、より高い強度の電磁界の存在が推定されるほど、症状ならびにばく露の存在の高い認知が報告されるであろうという仮説を立てた。加えて、実験中のより高い身体化及び体性感覚の増幅スコア、より強い不安、ならびに、より低い楽観スコアが、症状の報告及び電気過敏症の自己評価の増加と相関しているとの仮説が立てられた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • unspecified
ばく露時間: two times 10 min
-

ばく露1

主たる特性
周波数
  • unspecified
タイプ
  • electric field
  • magnetic field
ばく露時間 two times 10 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 test person sitting on a chair above Helmholtz coils which were only virtually connected to the power supply and therefore could not emit any field; test persons believed to be exposed to a weak field during the first 10 min and to a high intensity field for the last 10 min
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

電気過敏症の自己評価のスコアがより高い被験者は、より多くの症状を予測し、経験した。より強い電磁界ばく露の示唆は、想定上の弱いばく露と比較して、より高い症状のスコアと、電磁界認知の強化を生じた。経験した症状のスコアは主に身体化のスコアと相関していたが、電気過敏症の自己評価は体性感覚の増幅スコアと相関していた。

結論として、この知見は、50Hz電磁界に関する症状の報告には、相当なノセボ効果があることを確認するものである。電気過敏症は、高いリスク認知や予測、自己モニタリング、身体化、体性感覚の増幅といった、心理社会的要因を通じて形成されるようである。

研究の種別:

研究助成

関連論文