研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[3mTの電力線周波数磁界におけるヒトの認識遂行能力] med./bio.

Human cognitive performance in a 3 mT power-line frequency magnetic field.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2011; 32 (8): 620-633

研究目的(著者による)

ヒトの認識遂行能力(反応の精度及び完了の速度)に対する60Hz、3mT磁界のインパクトを調べること。

詳細情報

被験者99人(女性60人、男性39人)が参加した。磁界ばく露条件の順序が異なる3つの実験群に参加者を無作為に割り当てた:グループ1(偽ばく露/偽ばく露)、グループ2(ばく露/偽ばく露)、グループ3(偽ばく露ばく露)。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: continuous for a 30 min block before or following a sham exposure block (also 30 min) with a 30 min rest period in between

General information

Test persons were divided into three exposure groups: i) sham exposure/sham expsoure ii) magnetic field exposure/sham exposure iii) sham exposure/magnetic field exposure

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for a 30 min block before or following a sham exposure block (also 30 min) with a 30 min rest period in between
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 two octagonal Helmholtz coils consisting of 158 turns of 10-gauge copper wire and encased within plastic; 1.6 m wide and spaced 1.2 m apart parallel to each other; coils placed in a plastic frame, elevated 80 cm from the ground; non-conductive coolant tubing bordered the coils; participant seated between the coils, fitted with ear-plugs; field centered in the region of the participant's head and homogeneous within 5 % in this area
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 3 mT effective value - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

15個の精神測定パラメータのうち11個で、反復(2つのばく露(または偽ばく露)ブロック)間に遂行能力が改善した。順唱の数唱テスト数唱テストを参照)に対する有意な影響は、どちらのばく露群にも練習効果がないが、対照群ではそうではないことを明らかにした。この記憶テストは、練習に関連する改善が磁界によって排除されることを示している。全体として、このデータは、ヒトの認識に対する磁界の明確な影響を示していない。

研究の種別:

研究助成

関連論文