研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[超低周波磁界への長期ばく露はマウスの空間認知記憶を損なう] med./bio.

Long-term exposure to extremely low-frequency magnetic fields impairs spatial recognition memory in mice.

掲載誌: Clin Exp Pharmacol Physiol 2008; 35 (7): 797-800

研究目的(著者による)

マウス(n=23)の空間認識記憶に対する超低周波磁界の短期的(7日間)及び長期的(25日間)な影響を調べること。

詳細情報

新たな環境を探索する齧歯類の生来の傾向に基づくY字型迷路を用いた:1回目の試行では、マウスに迷路の2つの腕のみを探求させた(3つ目の腕はドアでブロックした)。2回目の試行では、ドアを開けて3本全ての腕にアクセスできるようにした。3本全ての腕の探求を比較することで、新しいものと既知のものとの区別を調べた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 25 Hz
ばく露時間: 1 h/day first for 7 days, then for another 18 days
ばく露2: 50 Hz
ばく露時間: 1 h/day first for 7 days, then for another 18 days

ばく露1

主たる特性
周波数 25 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 1 h/day first for 7 days, then for another 18 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 coil consisting of four layers of 250 turns each wrapped horizontally around a 70 cm x 40 cm x 43 cm plastic frame; mice placed in a plastic box on a wooden table in the center of the coil
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.6 mT - 測定値 - during day 1 to 7
磁束密度 0.9 mT - 測定値 - during day 8 to 25

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 1 h/day first for 7 days, then for another 18 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1.1 mT - 測定値 - during day 1 - 7
磁束密度 2 mT - 測定値 - during day 8 - 25

Reference articles

  • Lei Y et al. (2005): [ラットのモルヒネ誘発性の条件付け場所嗜好性に対する超低周波電磁界の影響]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

データは、磁界への短期または長期ばく露のいずれも、マウスの運動活動に影響を及ぼさないことを示している。

但し、50Hz磁界への長期ばく露は新しい腕の認識を低下させる。

この結果は、超低周波磁界は強度及び/またはばく露持続時間に応じて空間認識記憶を損なうことを示唆している。

研究の種別:

研究助成

関連論文