研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マウスの脳に対する無線周波電磁波の遺伝毒性影響] med./bio.

The genotoxic effect of radiofrequency waves on mouse brain.

掲載誌: J Neurooncol 2012; 106 (1): 53-58

【背景】携帯電話使用が漸進的に増加しているため、無線周波RF)電磁波の健康影響について懸念が提起され、日常生活におけるこのような機器の安全性について科学的な疑問と論争がある。【目的】実験的な培養細胞モデルにおいて、RF電磁波の遺伝毒性影響を評価すること。方法:マウスの培養細胞にRFばく露を与え(周波数10.715GHz;比吸収率SAR)0.725W/kg;6時間/日×3日間;温度は25℃)、小核(MNi)試験および11個の(アポトーシス促進型および抑制型の)遺伝子発現における変化を調べた。結果:RFにばく露された培養細胞において、小核誘発率の11倍の上昇、STAT3遺伝子発現の7分の1の低下が見られた。RFを放射する携帯電話は、脳細胞のDNAを損傷し、遺伝子発現を変化させるかも知れない。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To evaluate the genotoxic effects of radiofrequency exposure in a brain cell culture model.

詳細情報

Brain tissue was extracted from 3-day-old prepubertal male mice.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 10.715 GHz
ばく露時間: continuous for 6 h per day for 3 days

ばく露1

主たる特性
周波数 10.715 GHz
ばく露時間 continuous for 6 h per day for 3 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • microwave transmitter
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.725 W/kg mean 計算値 - -
電力密度 0.84 mW/cm² mean - - -

Reference articles

  • Paker S et al. (1998): [携帯電話に近い人間の頭部におけるSAR分布のFDTD評価]
  • Akleman F et al. (1998): [比吸収率計算およびアンテナ設計の観点からの人体頭部と携帯電話の相互作用に関するFDTD分析]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed that micronuclei rate increased 11-fold and STAT3 gene expression decreased 7-fold in the exposed cell cultures.
The authors conclude that cell phones may damage DNA and change gene expression in brain cells.

研究の種別:

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文