研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットの脳、肝臓および腎臓細胞のコメットアッセイ測定結果に対する電磁放射の影響] med./bio.

Effect of electromagnetic radiofrequency radiation on the rats' brain, liver and kidney cells measured by comet assay.

掲載誌: Coll Antropol 2011; 35 (4): 1259-1264

この研究は、携帯電話に利用されている周波数範囲の無線周波/マイクロ波RF / MW)の電磁放射への全身ばく露を受けたラット腎臓肝臓、脳細胞のDNA損傷を評価した。DNA損傷は、単一細胞ゲル電気泳動/コメットアッセイで評価した。Wistarラット(オス、12週齢、およそ体重350 g)(n = 9)に、GSM信号変調された搬送周波数915MHzの電磁放射電力密度2.4 W / m2、全身平均SARは0.6W / kg)へのばく露を、1時間/日、7日/週で、2週間継続した。ばく露にはGTEMセルを用いた。擬似ばく露対照群(n = 9)を比較のために用いた。なお、ばく露前後に体温を測定したが、対照群ばく露群の体温に差はなかった。その結果、ばく露群の脳組織におけるコメットのテール長は、対照群のものより長かった;また、ばく露群の肝臓および腎臓ホモジネートにおけるコメットのテール長は、対応する擬似ばく露対照のものに比べ、大きく異なった;コメットテールの強度には、ばく露群と対照群の間での有意差はなかった;以上の知見は、本実験の条件下で、915 MHzの反復照射が腎細胞および肝臓細胞のDNA切断の一因となる可能性はあるものの、基礎損傷と比較すれば、細胞ゲノムに大きな影響を与えないことを示唆する、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To evaluate DNA damage in rats' brain, liver and kidney cells after radiofrequency exposure at 915 MHz.

詳細情報

The rats were either exposed or sham exposed (n=9 per group) for one hour every day on fourteen consecutive days. Immediately after the last exposure, rats were sacrificed and samples of organs were taken for comet assay.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 915 MHz
ばく露時間: 1 hour/day, 7 days/week for 2 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 915 MHz
ばく露時間 1 hour/day, 7 days/week for 2 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • GTEMセル
チャンバの詳細 Plexiglas cage: 25 cm x 7,5 cm x 7,5 cm; no free movement during irradiation due to cage dimensions
ばく露装置の詳細 each animal was placed inside an individual cage and then put into the GTEM cell for irradiation
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information signal generator, signal amplifier and signal modulator were employed
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 2.4 W/m² - - - corresponds to a whole-body SAR rate of 0,6 W/kg
電界強度 30 V/m - - - whole-body uniform

Reference articles

  • Zhao TY et al. (2007): [携帯電話からの電磁放射へのばく露は初代培養した神経細胞および星状膠細胞のアポトーシス遺伝子を上方制御する]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The mean tail length obtained for liver and kidney in the exposed group was significantly elongated in comparison to the sham exposed group. There was no difference in the length of the tail obtained for brain between the exposed and the sham exposed group. Differences in tail intensity were not significant between exposed and sham exposed groups.

研究の種別:

研究助成

関連論文