研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[バイオマーカとして8-オキソ-7,8-ジヒドロ-20-デオキシグアノシンを用いたマウスの組織での携帯電話放射による酸化ストレスの検出] med./bio.

Detection of oxidative stress induced by mobile phone radiation in tissues of mice using 8-oxo-7, 8-dihydro-20-deoxyguanosine as a biomarker.

掲載誌: World Acad Sci Eng Technol 2011; 76: 657-622

この研究は、マウスを用いた実験で、900 MHz携帯電話無線周波RF電磁界ばく露酸化的DNA損傷を引き起こすか否かを、酸化ストレスマーカである8-オキソ-7,8-ジヒドロ-2'-デオキシグアノシン(8-oxodG)を用いて調べた。36匹のマウスをばく露群と擬似ばく露群に等分し、さらに各群は3つのサブグループ(n = 6)に分けた。ばく露擬似ばく露のサブグループを用いて、独立した3回の実験を実施した。RF電磁界は25V / mに調整され、マウスの全身平均比吸収率SAR)は1.0 W / kgであった。ばく露群のマウスは、この条件のばく露を1日30分間で30日間受けた。ばく露終了の24時間後に、血清、脳、脾臓を摘出し、DNAを単離した。 酵素免疫測定法(ELISA)を使用して、8-oxodG濃度を測定しました。その結果、3回の実験において、すべての動物は実験期間を生き延びた;動物の体重は、それぞれの実験の終わりに有意に変化しなかった;酸化ストレスのレベルには有意な差が観察されなかった;以上の知見は、900 MHzのRF電磁界酸化損傷誘発するという仮説を支持しなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the extent of radiofrequency induced oxidative DNA damage by measuring the level of 8-hydroxy-2-deoxyguanosine in mice tissues after 900 MHz mobile phone exposure.

詳細情報

36 mice were divided into an exposure group and a sham exposure group (each group n=18; with three subgroups of six mice each). Tissue samples were taken 24 h after exposure.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
ばく露時間: 30 min/day for 30 days
  • SAR: 1 W/kg average over mass (whole body) (equivalent to 25 V/m)

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 30 min/day for 30 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • GSM signal generator
チャンバの詳細 mice placed randomly in groups of six animals in plastic cages exposed to the mobile phone fields
ばく露装置の詳細 the antenna was located about 5 cm next to the cage
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1 W/kg average over mass 測定値および計算値 whole body equivalent to 25 V/m

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

All animals survived the whole experimental period and the body weight of the animals did not change significantly at the end of the experiment. Additionally, no statistically significant differences were found in the parameters of oxidative stress.
In conclusion, the data indicate that a 900 MHz radiofrequency exposure did not induce a significant oxidative DNA damage under these experimental conditions.

研究の種別:

研究助成

関連論文