研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[携帯電話使用は耳下腺腫瘍発生の可能性を高めるか?:体系的レビューとメタ分析] epidem.

Does cell phone use increase the chances of parotid gland tumor development? A systematic review and meta-analysis.

掲載誌: J Oral Pathol Med 2017; 46 (7): 480-483

この研究は、公表年、使用言語、出版地を限定しない文献検索により、携帯電話使用と耳下腺腫瘍との関連性を調査した疫学研究を37件同定し、そのうちの3件の後ろ向き症例対照研究を対象にメタ分析を行った。3件からの5087人の対象者で分析した結果、携帯電話使用群で唾液腺腫瘍発症に関してやや大きなオッズ比(1.28、95%信頼区間:1.09-1.51)を示した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究の目的(著者による)

A meta-analysis was performed to evaluate whether mobile phone use is associated with an increased risk of parotid gland tumor.

詳細情報

The following 3 studies were included: Lönn et al. (2006), Sadetzki et al. (2007) and Duan et al. (2011).

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ:

ばく露

調査対象集団

調査規模

タイプ
合計 5,087
その他:

768 cases and 4319 controls

統計学的分析方法:

結論(著者による)

An association between mobile phone use and the risk for parotid gland tumor was observed (OR 1.28, CI 1.09–1.51). Results of the meta-analysis should be read with caution due to the limited number of studies available and their retrospective design.

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文