研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[50 Hz磁界への単回、短期ばく露は成獣マウスの客観的認知課題の遂行能力に影響しない] med./bio.

Single, brief exposure to a 50 Hz magnetic field does not affect the performance of an object recognition task in adult mice.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2001; 22 (1): 19-26

この研究は、電力周波磁界げっ歯類の非空間的作業記憶に影響を与えるか否かを調べるために、自発的物体認識タスクを用いた実験を行った。成獣のオスのC57BL/6Jマウスにおける記憶の変化を、動物による馴染物体と新奇物体の相対的探索時間を測定することによって評価した。最初の試行と再度の試行の間に、45分間、動物に7.5 μT、75 μTまたは0.75 mTのいずれかの磁束密度の50 Hz磁界ばく露、または擬似ばく露(50 nT未満の環境磁界)を与えた。その結果、タスク遂行への有意な磁界依存的な影響は、どの磁束密度でも観察されなかった(すべての測定に対して、P > 0.05)、と報告している。

研究目的(著者による)

マウスの非空間的作業記憶に対する磁界の影響を調査すること。

詳細情報

物体認識課題では、マウスに刺激となる物体を探求させた。その後、マウスを当該エリアから取り除き、磁界ばく露し、当初の物体に加えて新規の物体を入れたエリアに戻した。2つの物体の役割(当初vs.新規)と位置はカウンターバランスさせ、無作為に割り当てた。3つの異なるばく露群(各17匹)及び偽ばく露群(17匹)を調べた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 45 min

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 45 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 electromagnet consisting of two sets of aluminum coils, 25 cm apart; animals in 33 cm x 15 cm x 13 cm polycarbonate cages in the bore of the magnet
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 750 µT maximum 測定値 - 7.5 µT, 75 µT, 750 µT

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

最初の試験では、全ての群が同様のレベルの自発的探求活動を示した。

二回目の試験では、全ての群が同等の単球行動を示した。全ての群で、当初の物体は新規の物体よりも探求されなかった。偽ばく露群と比較して、どの磁束密度でも、課題遂行能力に対する有意な磁界依存性の影響は認められなかった。
この結果は、マウスの非空間的作業記憶は50Hz磁界への急性ばく露によって影響される、という証拠を提示していない。

研究の種別:

研究助成

関連論文