研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[聴覚系への携帯電話の影響] med./bio.

The effect of mobile phone to audiologic system.

掲載誌: J Med Assoc Thai 2005; 88: S231-S234

この研究は、携帯電話の使用が聴覚機能に与える影響の有無を、チュラロンコン大学キングチュラロンコン記念病院医学部耳鼻咽喉科において、ボランティア実験により調べた。被験者98人(31人の男性と67人の女性:平均年齢は30.48±9.51歳)は、携帯電話使用歴を含む質問票に回答した後、聴力検査、鼓膜測定、耳音響放射OAE)および聴覚脳幹誘発反応(ABR)の検査を受けた。その結果、携帯電話の使用期間は平均32.54 ±27.64か月であった;携帯電話の通常の使用耳は、57人が右側、41人が左側であった;1日あたりの使用時間は平均26.31±30.91分(範囲は3〜180分)であった;携帯電話を主に使用する耳とその反対の耳でのオージオグラム(純音および音声の両方)の間には有意差はなかった;1日あたり60分間以上携帯電話を使用すると回答した8人の被験者において、主に使用する耳の聴力閾値が反対側の耳より低いことが示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To measure changes in hearing level of mobile phone users.

詳細情報

98 subjects (31 males) were tested. All subjects were investigated for type of used mobile phone, time of mobile phone use, preferred side, medication, personal history of ear diseases and it was asked whether they experience changes in hearing with or without mobile phone use.

影響評価項目

ばく露

ばく露の詳細情報なし

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
  • ear
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The average mobile phone usage time was 32.54 +/-27.64 months. 57 subjects preferred the right side for mobile telephone use. Regarding audiometry, no significant difference between the hearing threshold on the dominant side compared to the non-dominant side was found. In eight subjects that used the mobile phone for more than 60 minutes per day, it was observed that the hearing threshold of the dominant ear was worse. However, due to the small sample size (n=8), this finding did not reach statistical significance.
In this study, the hearing of the user was not significantly affected by the electromagnetic field from the cell phone.

研究の種別:

研究助成

関連論文