研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[標準型携帯電話からの無線周波数への亜慢性ばく露が成体ラットの精巣機能に及ぼす影響] med./bio.

Effects of subchronic exposure to radio frequency from a conventional cellular telephone on testicular function in adult rats.

掲載誌: J Urol 2007; 177 (1): 395-399

【目的】本研究は、標準型携帯電話から発せられる無線周波数への亜慢性ばく露が成体ラット精巣機能に及ぼす影響を調べるために行われた。【材料と方法】合計16匹の生後30日の雄ウィスターラットが無作為に、実験群と対照群の2つのグループに分けられた。実験群は標準型GSM(グローバル・システム・フォー・モバイル・コミュニケーションズ)携帯電話(1835~1850MHz)から発せられる無線周波数に11週間、1時間/日でばく露した。直腸温ばく露時間の前と後に測定された。精巣重量と精巣上体重量、これらの器官脂質過酸化レベル、血清中総テストステロン精巣上体精子数が調べられた。ステージIX-Xの成熟期精子細胞の停留、間質浸潤細胞の空胞形成、多核巨細胞などが精巣組織学的品質に関する分析項目である。各ラットは、ステージVII-VIIIでの10の連続する円形細精管において、平均細精管直径計測値、組織学的に粗く数えた円形精子細胞、パキテン期精母細胞、明らかな核小体を持つセルトリ細胞の概数、および円形精子細胞とパキテン期精母細胞組織学的な実数(アバークロンビー補正因子)が調べられた。【結果】平均直腸温ばく露後に変化しなかった。いずれの評価項目にも、対照群と実験群の間で統計的な違いはなかった。【結論】今回の研究では、標準型携帯電話から発せられる低強度パルス無線周波数は成体ラット精巣機能を傷害しないことが示された。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of subchronic exposure to radiofrequency emitted from a cellular telephone on the testicular function in adult rats.

詳細情報

16 male rats were randomly divided into an experimental and a control group.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1,835–1,850 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure, 1 h/day, for 11 weeks
  • 電力: 1 W peak (specification of the cell phone)
  • 電力: 0.125 W mean (specification of the cell phone)
  • 電界強度: 7.3 V/m mean (at 1 cm from the cell phone)
  • 電力密度: 1.4 mW/cm² mean (at 1 cm from the cell phone)
  • 電界強度: 1.2 V/m mean (most distant region inside the cage)
  • 電力密度: 0.04 mW/cm² mean (most distant region inside the cage)

ばく露1

主たる特性
周波数 1,835–1,850 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 repeated daily exposure, 1 h/day, for 11 weeks
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • in conversation mode, with volume control switched to the lowest level
ばく露装置の詳細 The mobile phone, protected by a small plastic container, was placed inside the cage in the same dark region where the eight rats gathered for most of the exposure time.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information Only a similar small plastic container was placed in the control group cage positioned 8 m away and receiving only background radiation (0.2 V/m).
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 1 W peak 指定なし - specification of the cell phone
電力 0.125 W mean 指定なし - specification of the cell phone
電界強度 7.3 V/m mean 測定値 - at 1 cm from the cell phone
電力密度 1.4 mW/cm² mean 測定値 - at 1 cm from the cell phone
電界強度 1.2 V/m mean 測定値 - most distant region inside the cage
電力密度 0.04 mW/cm² mean 測定値 - most distant region inside the cage

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

There was no statistical difference between the control group and experimental group in any endpoints evaluated. Mean rectal temperature did not alter following exposure.
The data show that the low intensity pulsed radiofrequency emitted by a cellular telephone does not impair testicular function in adult rats.

研究の種別:

研究助成

関連論文