研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットの脳組織に対する携帯電話使用の影響とビタミンCによる防護作用の可能性:予備的研究] med./bio.

Effects of mobile phone use on brain tissue from the rat and a possible protective role of vitamin C - a preliminary study.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2010; 86 (12): 1044-1049

この研究は、ラットの脳組織に対する携帯電話使用の影響とビタミンCによるその防護作用の可能性を調べた。40匹のウィスター系アルビノ雌ラットを無作為に4群(対照、携帯電話携帯電話ビタミンCビタミンCのみ)に分けた。携帯電話ばく露は、900 MHz携帯電話機をラットに向け、常時待ち受け状態とし、1日4回、10分間通話状態にした(SAR 0.95 W/kgと記されている)。ビタミンCは1日1回、経口投与した。実験期間は4群とも4週間とした。脳組織の影響評価指標は、マロンジアルデヒドMDA)、抗酸化能(AOP)、スーパーオキシド・ジスムターゼカタラーゼ(CAT)、グルタチオン・ペロキシダーゼ (GSH-Px)、キサンチン酸化酵素アデノシン・デアミナーゼ(ADA)、5'ヌクレオチダーゼ(5'-NT)とした。その結果、携帯電話群では、対照群に比べ、5'-NTとCAT活性の抑制が見られた;携帯電話群では、GSH-Px活性とMDAレベルも減少したが有意ではなかった;ビタミンC群では、GSH-Px活性上昇が有意であったが、5'-NT活性、ADA活性、CAT酵素活性の上昇は有意ではなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of mobile phone exposure on brain tissue and a possible protective role of vitamin C.

詳細情報

40 female rats were divided into four groups (each group n=10): 1) control group, 2) mobile phone exposure group, 3) "mobile phone exposure plus vitamin C" group and, 4) vitamin C treatment group.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
ばく露時間: 4 weeks - mobile phone in stand-by mode, called four times a day for 10 min.
  • SAR: 0.95 W/kg

General information

animals were divided into four groups: i) control ii) mobile phone iii) mobile phone + 25mg/kg vitamin C daily iv) 25mg/kg vitamin C daily

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 4 weeks - mobile phone in stand-by mode, called four times a day for 10 min.
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • Sony Ericsson GH688 mobile phone
Distance between exposed object and exposure source 10 cm
ばく露装置の詳細 mobile phone placed above the cages
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.95 W/kg - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Mobile phone exposure caused an inhibition in 5'-nucleotidase and catalase enzyme activities as compared with the control group. Glutathione peroxidase enzyme activity and the malondialdehyde level were also reduced in the mobile phone group but not significantly.
Vitamin C caused a significant increase in the enzyme activity of glutathione peroxidase and non-significant increase in the enzyme activities of 5'-nucleotidase, adenosine deaminase and catalase.
The data suggest that vitamin C may play a protective role against detrimental effects of mobile phone irradiation in brain tissue.

研究の種別:

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文