研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒトの水晶体上皮細胞におけるHspの発現およびMAPKのリン酸化に対する1.8GHz無線周波電磁界ばく露の影響] med./bio.

Effects of exposure to 1.8 GHz radiofrequency field on the expression of Hsps and phosphorylation of MAPKs in human lens epithelial cells.

掲載誌: Cell Res 2008; 18 (12): 1233-1235

この研究は、GSM 携帯電話の1.8 GHz無線周波RF電磁界へのばく露水晶体上皮細胞(LEC)の細胞生理に影響を与えるか否かをインビトロ実験で調べた。LECは、水晶体前面の単層の立方細胞であり、その増殖能力は水晶体代謝恒常性と透明性の維持に重要である。1.8 GHz RFへのばく露後のヒトLECにおける熱ショックタンパク質(Hsps)の発現およびマイトジェン活性化タンパク質キナーゼMAPK)の活性化を評価した。ばく露に用いたSARレベルは、1、2、3、4 W / kgである。ばく露の全過程において、温度は37 ± 0.108 °Cの範囲に保たれ、擬似ばく露群とRFばく露群の温度差が0.108 °Cを超えることはなかった。その結果、SAR値が2 W / kg以上の場合、Hsp27およびHsp70の増加が起きた;RFばく露後5分において早くもERK-1/2が有意に活性化された;活性化は30分でピークに達し、ばく露後2時間まで続いた;JNK-1 / 2のリン酸化は、ばく露後2時間で検出されたが、p38MAPKの活性化は見られなかった;ERK-1/2およびJNK-1/2のリン酸化とHspの増加は、非熱的無線周波電磁界へのばく露によりヒト水晶体上皮細胞ストレス応答が誘導される可能性を示唆するものである、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether exposure to 1.8 GHz radiofrequency can influence the cellular physiology of the lens epithelial cells, the expression of heat shock proteins and the activation of mitogen-activated protein kinases in these cells after exposure were evaluated.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1.8 GHz
ばく露時間: up to 2 h
  • SAR: 1 W/kg average over time (1, 2, 3, 4 W/kg)

ばく露1

主たる特性
周波数 1.8 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 up to 2 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1 W/kg average over time - - 1, 2, 3, 4 W/kg

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

1.8 GHz radiofrequency exposure induced the up-regulation of Hsp27 und Hsp70 when SAR value was equal or greater than 2 W/kg.
The data showed that ERK-1/2 was markedly activated as early as 5 minutes after radiofrequency exposure; the activation peaked at 30 minutes and lasted up to 2 h after exposure. Phosphorylation of JNK-1/2 was detected at 2 h after irradiation, while p38 MAPK activation was not found.
Phosphorylation of ERK-1/2 and JNK-1/2 together with Hsp up-regulation suggest that nonthermal radiofrequency exposure can induce the stress response in human lens epithelial cells.

研究の種別:

研究助成

関連論文