研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[超低周波電界の下でのモルモットのタンパク質の酸化:N-アセチル-L-システイン処理の影響] med./bio.

Protein oxidation under extremely low frequency electric field in guinea pigs. Effect of N-acetyl-L-cysteine treatment.

掲載誌: Gen Physiol Biophys 2009; 28 (1): 47-55

研究目的(著者による)

50Hz電界の影響下にあるモルモットにおいて、タンパク質のカルボニル含量、タンパク質過酸化物、3-ニトロチロシンを検出することで、タンパク質に対するフリーラジカルの影響を調べること。

詳細情報

電界の適用と同時に、N-アセチル-システインを投与し、これが酸化損傷を低減する抗酸化物質として、または組織培地中のプロオキシダントとして作用するかどうかも調査した。

雄のモルモット合計40匹を無作為に各10匹の4群に分けた:1) 対照群(生理食塩水を注射)、2) 電界ばく露群(+毎日のばく露の30分前に生理食塩水を注射)、3) N-アセチル-システイン投与+偽ばく露群、4) N-アセチル-システイン投与(ばく露の30分前)+電界ばく露群。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 8 hr/day on 7 days

General information

animals were treated in four groups: i) control group - sham exposure ii) E-field exposure iii) daily injection of 300 mg/kg NAC + sham exposure iv) daily injection of 300 mg/kg NAC + E-field exposure

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • electric field
ばく露時間 continuous for 8 hr/day on 7 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • two 0.2 cm thick copper plates 80 cm x 80 cm
ばく露装置の詳細 80 cm x 80 cm x 18 cm wooden cages with the copper plates mounted on the top and bottom of the cage
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 12 kV/m - 測定値および計算値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

電界ばく露群のモルモットのタンパク質のカルボニル含量、タンパク質過酸化物、3-ニトロチロシンのレベルには、対照群と比較して統計的に有意な変化は生じなかった。但し、電界ばく露群の肝臓ヒドロキシプロリンのレベルは対照群よりも有意に低下した。

タンパク質のカルボニル含量及びタンパク質過酸化物のレベルには統計的な変化は見られなかったが、これらの結果は、電界ばく露が安定した酸化タンパク質の早期の形成に影響したかも知れず、これが酸化タンパク質の反応の方向を変化させた、あるいは、タンパク質合成における構造的損傷につながった、という事実によって生じたかも知れない。

N-アセチル-システイン投与群(グループ3及び4)では、タンパク質のカルボニル含量、タンパク質過酸化物、3-ニトロチロシンのレベルが変化した。

研究の種別:

研究助成

関連論文