研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[モルモットの血清に対する電界の影響:フリーラジカルの役割] med./bio.

Electric field effects on Guinea pig serum: the role of free radicals.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2007; 26 (3): 207-223

研究目的(著者による)

モルモットにおけるフリーラジカル産出に対する超低周波電界ばく露の影響を調べること。

詳細情報

合計280匹のモルモットを14群に分け(各20匹)、各群を強度と方向が様々な電界の組合せにばく露した。20匹のモルモットを偽ばく露対照に用いた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 8 h per day over 3 days (in horizontal or vertical field, respectively)
  • 電界強度: 1.8 kV/m maximum (field strengths 0.3; 0.6; 0.8; 1; 1.35; 1.5 and 1.8 kV/m)

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • electric field
ばく露時間 continuous for 8 h per day over 3 days (in horizontal or vertical field, respectively)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 0.2 cm thick copper plates
ばく露装置の詳細 wooden cages with dimensions of 80 cm x 80 cm x 18 cm; copper plates mounted on top and bottom face of cage for vertical field, on left and right for horizontal field
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 1.8 kV/m maximum 測定値および計算値 - field strengths 0.3; 0.6; 0.8; 1; 1.35; 1.5 and 1.8 kV/m

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

1.35、1.5及び1.8kV/mの範囲の超低周波電界を垂直及び水平に印加したところ、TBARSレベル及びスーパーオキシドジスムターゼ酵素活性が、対照群、ならびに0.3、0.6、0.8及び1kV/m印加群よりも上昇した。その他の生化学パラメータの血清レベルは統計的に有意ではなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文