研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[電界による肝臓の酸化ストレスに対するN-アセチル-L-システイン及びエピガロカテキン-3-ガレートの防護作用] med./bio.

The protective effects of N-acetyl-L-cysteine and Epigallocatechin-3-gallate on electric field-induced hepatic oxidative stress.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2008; 84 (8): 669-680

研究目的(著者による)

モルモットの肝組織における酸化ストレスニトロソ化ストレスのパラメータ、及び抗酸化酵素活性に対する、超低周波電界の影響を調べること。本研究は、N-アセチル-L-システイン及びエピガロカテキン-3-ガレートの個別の及び複合的な適用が、超低周波電界の有害な影響を低減するかどうかにも対処した。

詳細情報

80匹の雄のモルモットを無作為に8群(各10匹)に分けた:
1) 偽ばく露群、2) N-アセチル-L-システイン群(NAC)、3) エピガロカテキン-3-ガレート群(EGCG)、4) NAC+EGCG群、5) 電界ばく露群、6) NAC+電界ばく露群、7) EGCG+電界ばく露群、8) NAC+EGCG+電界ばく露群。全てのばく露は7日間連続で、09:00に開始、17:00に終了した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 8 h/d for 7 days

General information

animals were treated in the following groups: i) sham exposure ii) sham exposure + 30 mg/kg N-acetyl-L-cysteine (NAG) iii) sham + 25 mg/kg epigallocatechin-gallate (EGCG) iv) sham + NAG + EGCG v) exposure to electric field vi) exposure to electric field + NAC vii) exposure to electric field + EGCG viii) exposure to electric field + NAC + EGCG

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • electric field
ばく露時間 8 h/d for 7 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • copper plate capacitor with a plate distance of 18 cm
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 12 kV/m - 測定値および計算値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

結果は、酸化生成物のレベル(マロンジアルデヒド硝酸塩亜硝酸塩一酸化窒素の合計レベル)の有意な上昇、ならびに抗酸化酵素活性スーパーオキシドジスムターゼグルタチオンペルオキシダーゼミエロペルオキシダーゼ)の有意な低下を示した。電界ばく露前のN-アセチル-L-システイン及びエピガロカテキン-3-ガレートの個別または複合的な適用は、酸化ストレスの低減を生じた。
まとめると、これらの知見は、N-アセチル-L-システイン及びエピガロカテキン-3-ガレートには、超低周波電界による酸化及びニトロソ化ストレスに対する肝臓防護作用があるかも知れない、という示唆を支持している。

研究の種別:

研究助成

関連論文